麻生区版 掲載号:2014年5月30日号 エリアトップへ

市全域にWi-Fi網を検討 有識者委が初会合

社会

掲載号:2014年5月30日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市全域に無料でインターネットに接続できるWiFi網を――。川崎市は新たな通信環境の整備に向けて、有識者や事業者らによる検討委員会を設置し、19日に初会合を市庁舎内で開いた。市は、市民のネット利用についてパソコンからモバイル端末への移行を想定した「モバイル・ファースト」の考えを示した。

 WiFiとは、無線通信を利用してデータの送受信ができる無線LANの規格の1つ。スマートフォンやノートパソコン、携帯ゲーム機などの携帯性の高い通信機器で利用されているケースが多い。

 民間の電気通信事業者が商業施設や公共施設などにWiFiが利用できるアクセスポイントを設置し、全国的に普及している。近年は外国人の観光客誘致を目的に自治体が整備するケースもある。

 川崎市内の環境整備は、福田紀彦市長の選挙公約の1つ。庁内に推進部会を設置し、有識者や電気通信事業者、携帯電話事業者など11人で構成する「川崎市公衆無線LAN環境整備検討委員会」(実積寿也委員長/九州大学大学院教授)も設置し、検討を進めていく考え。

公共施設を優先に

 19日の初会合で市は、アクセスポイントについて、行政サービスや市民活動、防災対策を効果的に活用するために公共施設や避難場所となる学校などを優先的に設置する案を示した。民間施設や観光集客施設では、既存の民間事業者の設備を活用し、施設管理者の自主的な取り組みを促進させながら段階的にエリアを拡大させる案を示した。

 検討委員会は今後、利用対象者や活用方策、アクセスポイントの整備範囲、整備・運用方法、セキュリティについて検討を進める。次回は6月16日に開催される予定。

 市は今年度中に整備や利用の方向性をまとめたい考え。

麻生区版のトップニュース最新6

一輪車演技日本一に

王禅寺中央小日野さん

一輪車演技日本一に スポーツ

小学生の部で悲願達成

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

地図づくり大詰め

SDGs推進隊

地図づくり大詰め 社会

他都市への展開も視野に

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

区内で新たに16件決定

市地域文化財

区内で新たに16件決定 文化

旧神谷歯科など

11月19日号

神奈川制し全国へ

桐光学園サッカー部

神奈川制し全国へ スポーツ

3年ぶりに王座奪還

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高血圧症と心不全」

テーマは「高血圧症と心不全」

12月9日 健康づくり講演会

12月9日~12月9日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook