麻生区版 掲載号:2014年6月27日号 エリアトップへ

川崎市出身田村選手 藤波選手と地元で激闘 「また新百合で」誓う

スポーツ

掲載号:2014年6月27日号

  • LINE
  • hatena
藤波選手(左)に真剣勝負を挑んだ田村選手
藤波選手(左)に真剣勝負を挑んだ田村選手

 川崎市多摩区出身のプロレスラー田村和宏選手が6月18日、新百合21ホールで行われた「HEAT-UP新百合ヶ丘大会」で、藤波辰爾選手とシングルマッチを行った。激闘の末、田村選手は藤波選手の得意技「ドラゴンスリーパー」に沈んだ。

 昨年9月に同ホールで行われて以来、2度目の地元凱旋興行。会場は369人の観客が詰めかけ、超満員札止めとなった。第77代NWA世界ヘビー級王者・藤波選手が登場すると会場のボルテージは最高潮に。田村選手は尊敬する藤波選手にシングルマッチ60分1本勝負を挑み、「ミサイルキック」を浴びせるなど果敢に攻めたが、11分31秒、得意技「ドラゴンスリーパー」を決められ、藤波選手の腕をタップ。2度目の地元凱旋を勝利で飾ることはできなかった。

 大きな拍手と歓声の中、田村選手は「藤波さん、強すぎです。僕がプロレスを好きになったのは、新日本プロレスの藤波さんを観たのがきっかけでした。こうして戦えてうれしい。また必ず新百合でプロレスをやる」とコメント。藤波選手は「新百合で2回目。もっとやらないとな。みなさんの歓声が僕のこれからの力になります。今度は、物になってきた息子とタッグを組んでやりたい」と話した。試合後には藤波選手の愛称である「ドラゴン」コールが同ホールに鳴り響いていた。

麻生区版のローカルニュース最新6

弥生の麻生まっ白に

弥生の麻生まっ白に 社会

満開のサクラもブルブル

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

地元の宝守ろう

地元の宝守ろう 社会

 町内会 麻生川沿いで清掃

4月3日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク