麻生区版 掲載号:2014年7月18日号 エリアトップへ

新ゆりグリーンプラザ 「東北の味」に長い列 夜市でホタテを販売

社会

掲載号:2014年7月18日号

  • LINE
  • hatena
ホタテを買い求め店の前には行列ができた
ホタテを買い求め店の前には行列ができた

 新ゆりグリーンプラザ商店会(菊池慶高会長)が主催した「夜市」が同商店会で12日に開かれ、周辺住民などが多数訪れ賑わいをみせた。4回目となる今回は、被災地の宮城県女川町から直送されたホタテの販売もあり、店の前には長い行列ができていた。

 同商店会は「被災地のために何かできないか」と今回のホタテ販売を企画。夜市には、女川町観光協会の職員が会場に駆けつけ販売。当日用意された約300個のホタテは、すぐに売り切れる盛況ぶりだった。ホタテを食べたという白山在住の吉田清次さんは「すごく美味しかった。復興へ向け地域がこのような企画をするのはとてもよいことだと思う」と話した。

 観光協会の遠藤琢磨事務局長は「震災時には多くの支援を頂いた。今回は感謝をこめて販売しました。美味しいホタテを皆さんに食べて頂き少しは恩返しができたのではないか」と感謝を語った。

 また、今回の夜市ではサッカーJ1川崎フロンターレのマスコット「ふろん太くん」も登場し、子どもたちの姿が多く見られた。

 菊池会長は「例年に比べ多くの方に来て頂いた。夜市が商店会を知ってもらういい機会になったと思う。活気ある商店会を見ることができて嬉しい」と話した。

麻生区版のローカルニュース最新6

東京2020に「川崎愛」

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん

東京2020に「川崎愛」 スポーツ

「算数ドリル」、次の一手も

5月17日号

出会い糧に人生4幕目へ

出会い糧に人生4幕目へ 文化

加藤登紀子さんインタビュー

5月17日号

黒川駅前に新拠点

小田急グループ

黒川駅前に新拠点 社会

郊外での「職住近接」を提案

5月17日号

畑で学ぶ「地域デザイン」

和光大生

畑で学ぶ「地域デザイン」 教育

岡上でサツマイモ植え

5月17日号

キャラ弁巡る母娘の交流

キャラ弁巡る母娘の交流 文化

試写会に25組50人を招待

5月17日号

障害児の気持ちを体験

障害児の気持ちを体験 社会

ボランティア養成講座

5月17日号

認知症の母との絆 冊子に

稲城市伊藤千賀子さん

認知症の母との絆 冊子に 社会

希望者に配布中

5月17日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク