麻生区版 掲載号:2014年7月18日号 エリアトップへ

川崎市人口動態 自然増が全国最多に 麻生は市内2番目の増加数

社会

掲載号:2014年7月18日号

  • LINE
  • hatena

 総務省が6月25日に発表した、1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、川崎市人口の自然増加数(出生数が死亡数を上回る数値)は前年同期比4491人増で、全国最多となった。麻生区の人口は前年同時期比1324人増加で、市内では中原区に次いで2番目に多い増加数となった。

 川崎市の人口は前年同時期比10434人増加で1433765人。増加数のうち、自然増加数は4491人で全国トップの数値となった。年齢別の人口の割合は、15歳から64歳までの生産年齢人口が、65歳以上の老年人口を上回っており、出生率が横ばいを続けている。こういったことが、自然増加数が全国最多となったことに起因している。市総合企画局都市経営部統計情報課は「この状況は全国的にみてもあまりないケースで、死亡率よりも出生率が高く、相対的に自然増の傾向がある。全国トップの数字につながったのでは」としている。

 区別の状況をみてみると、麻生区の人口は1324人増で171486人。増加数のうち、転入数が転出数を上回る社会増加数は886人で中原区、川崎区に次いで市内で3番目に多い数値となっている。

「住宅増、利便性が要因」

 同課は「麻生区ははるひ野や新百合ヶ丘駅周辺など、住居系の開発地がまだまだあり、住宅が増え続けていることが増加につながっているのでは。中原区は武蔵小杉駅周辺の開発、住居系の開発が突出した増加数につながっているのではないか」としている。

 実際に、はるひ野には新築マンションや建売物件が建ち並び、はるひ野小中学校では2008年開校時に約400人だった児童数は約1070人にまで増加、同中学校の生徒数も開校時のおよそ3倍の約310人に増え(4月1日現在)、4月までに校舎増築を行った。

 また、麻生区には小田急線、中原区には田園都市線が通っており、同課は「都市部に出やすい利便性も一因として挙げられる」としている。

麻生区版のトップニュース最新6

世界挑戦と介護職 両立

川崎新田ジム黒田選手

世界挑戦と介護職 両立 スポーツ

11月、1年半ぶり復帰戦

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

子どももシニアも「顔見知り」

区市民提案型協働事業

子どももシニアも「顔見知り」 社会

食育通じて世代交流

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 社会

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

再整備に向け調査開始

北部市場

再整備に向け調査開始 経済

民間アイデア活用へ

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク