麻生区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

多摩川梨 8月初旬から収穫へ 育成状況は順調

社会

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena
愛甘水の育成状況を確認する金子さん(撮影は7月19日)
愛甘水の育成状況を確認する金子さん(撮影は7月19日)

 8月初旬から収穫―。「かわさき農作物ブランド品」に指定されている「多摩川梨」が収穫の時期をむかえる。今年は花の開花が昨年に比べ10日ほど遅かったこともあり、8月に入ってからの収穫となりそうだ。

 区内早野で梨栽培を行う金子昇さんによると春先に咲く花の開花が、昨年に比べ1週間から10日ほど遅かったという。そのため、昨年は7月下旬だった収穫開始は「おそらく8月の初めくらいからではないか」と話す。

 生育状況は、昨年と変わらず順調。大きさは水分量によって変わってくるため「収穫までの1週間くらいで適度に雨が降れば大きくなる」と話す。出荷量は例年通りとしている。

 金子さんの梨園では、約10品種栽培している。「愛甘水(あんかんすい)」が最初に出荷され「幸水」「豊水」と続き10月初旬まで順次出荷される。出荷は8月末から9月中旬にかけてピークを迎える。

 川崎市によると、川崎での梨栽培は江戸時代初期に川崎大師河原で行われた記録があり、本格的な栽培は今から約250年前とされている。中原、高津、生田と多摩川を上るように栽培地が広がっていき、大正時代には関東でも大きな梨の産地となったという。現在は、中原・高津・宮前・多摩・麻生区の約30ヘクタールで栽培されている。

 多摩川梨はセレサモスで販売されるほか、金子さんが栽培する梨は早野にある自宅でも随時販売される。

麻生区版のトップニュース最新6

市内1,700店で始動

キャッシュレス決済還元

市内1,700店で始動 社会

市、観光活用へ導入促進

9月13日号

「福祉応援」の思い 麻生でも

王禅寺フリーマーケット

「福祉応援」の思い 麻生でも 文化

田園調布大で11月初開催

9月13日号

初の「英語」 親しみ重視

市立小教科書

初の「英語」 親しみ重視 教育

市、13教科採択 次年度から

9月6日号

B級イチゴでワイン

農業生産法人カルナエスト

B級イチゴでワイン 経済

「都市農業活性の一助に」

9月6日号

助成金低調、利用2割弱

川崎市ブロック塀撤去

助成金低調、利用2割弱 社会

制度の周知進まず

8月30日号

被災想定しカレー提供

障害者支援施設アルデンテ

被災想定しカレー提供 社会

備蓄食料で祭り継続出店

8月30日号

在宅シニアの集い1周年

在宅シニアの集い1周年 社会

延べ260人が参加

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ダッチオーブン講習会

ダッチオーブン講習会

野外料理研究家が講師

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第157回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 後編 文:小島一也(遺稿)

    9月13日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第156回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 前編 文:小島一也(遺稿)

    9月6日号

  • あさおマンスリー

    9月 September

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    9月6日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク