麻生区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

多摩川梨 8月初旬から収穫へ 育成状況は順調

社会

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena
愛甘水の育成状況を確認する金子さん(撮影は7月19日)
愛甘水の育成状況を確認する金子さん(撮影は7月19日)

 8月初旬から収穫―。「かわさき農作物ブランド品」に指定されている「多摩川梨」が収穫の時期をむかえる。今年は花の開花が昨年に比べ10日ほど遅かったこともあり、8月に入ってからの収穫となりそうだ。

 区内早野で梨栽培を行う金子昇さんによると春先に咲く花の開花が、昨年に比べ1週間から10日ほど遅かったという。そのため、昨年は7月下旬だった収穫開始は「おそらく8月の初めくらいからではないか」と話す。

 生育状況は、昨年と変わらず順調。大きさは水分量によって変わってくるため「収穫までの1週間くらいで適度に雨が降れば大きくなる」と話す。出荷量は例年通りとしている。

 金子さんの梨園では、約10品種栽培している。「愛甘水(あんかんすい)」が最初に出荷され「幸水」「豊水」と続き10月初旬まで順次出荷される。出荷は8月末から9月中旬にかけてピークを迎える。

 川崎市によると、川崎での梨栽培は江戸時代初期に川崎大師河原で行われた記録があり、本格的な栽培は今から約250年前とされている。中原、高津、生田と多摩川を上るように栽培地が広がっていき、大正時代には関東でも大きな梨の産地となったという。現在は、中原・高津・宮前・多摩・麻生区の約30ヘクタールで栽培されている。

 多摩川梨はセレサモスで販売されるほか、金子さんが栽培する梨は早野にある自宅でも随時販売される。

麻生区版のトップニュース最新6

世界挑戦と介護職 両立

川崎新田ジム黒田選手

世界挑戦と介護職 両立 スポーツ

11月、1年半ぶり復帰戦

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

子どももシニアも「顔見知り」

区市民提案型協働事業

子どももシニアも「顔見知り」 社会

食育通じて世代交流

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 社会

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

再整備に向け調査開始

北部市場

再整備に向け調査開始 経済

民間アイデア活用へ

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク