麻生区版 掲載号:2014年8月22日号 エリアトップへ

市中部身体障害者福祉会館 「聴導犬の存在知って」 8月27日に実演披露

掲載号:2014年8月22日号

  • LINE
  • hatena
タッチして音を知らせる聴導犬
タッチして音を知らせる聴導犬

 障害者らの生活を支援している川崎市中部身体障害者福祉会館(通称:中身館/中原区小杉御殿町2の114の1)は、8月27日(水)に聴導犬を招き実演披露を行う。同館では、「まだ認知度の低い聴導犬という補助犬の存在を知ってほしい」と呼びかけている。

 聴導犬とは、耳が不自由な聴覚障害者に、生活で必要な音を知らせる補助犬。例えば、玄関のチャイムや電話が鳴ればその音源までユーザーを導いたり、火災報知器など危険な音が鳴れば動作で伝えたりする。また、落とした家の鍵など物の拾い上げも可能だ。聴導犬が訓練により習得できる音は約8種類。その後、ユーザーと実際に生活していく中でさらに覚えていくこともあるという。

 厚労省によると、盲導犬と介助犬を含む補助犬の実働頭数は全国で1137頭だが、聴導犬は僅か55頭のみ(14年8月1日現在)。その要因としては、聴導犬として実働できるまでに約2年間もの長い訓練が必要なことや、認知度が低く未だ存在を知らない人がいることなどがあるという。

 こうした背景を踏まえ、聴導犬の存在や役割を多くの人に知ってもらおうと、8月27日(水)午前10時から中身館で聴導犬の実演披露が行われる。長野県で聴導犬を育成している社会福祉法人日本聴導犬協会の協力で、PR犬と訓練中の聴導犬2頭とユーザーが訪れる予定。中身館では「聴覚障害者やそのご家族はもちろん、健常者にも聴導犬の存在を知ってもらうきっかけになれば」と話している。参加無料。

 また日本聴導犬協会では、飼い主の見つからない犬を聴導犬や介助犬に訓練し無料貸与などを行っている。そうした活動に対する寄付金などの協力も呼びかけている。

 問い合わせは、中身館【電話】044・733・9675まで。日本聴導犬協会のホームページはwww.hearingdog.or.jp

麻生区版のトップニュース最新6

ゆかりの麻生で遺作上映

女優原知佐子さん

ゆかりの麻生で遺作上映 文化

関係者が在りし日語る

9月17日号

認知症理解へ 民・官一体

世界アルツハイマーデー

認知症理解へ 民・官一体 社会

区役所で展示 動画作成も

9月17日号

区民「地盤調査しっかりと」

リニア中央新幹線

区民「地盤調査しっかりと」 社会

外環道事故受け、説明会

9月10日号

「月」語る癒しの場を

区内在住カメラマン

「月」語る癒しの場を 社会

週1回交流 延べ500人

9月10日号

囲碁全国大会で3位

王禅寺中央中高橋さん

囲碁全国大会で3位 社会

「次は高校で」優勝をめざす

9月3日号

2選手が総体準優勝

桐光学園高校水泳部

2選手が総体準優勝 スポーツ

100平、400個メで

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「二つ目落語会」

恒例の「二つ目落語会」

9月18日 棕櫚亭(西生田)で

9月18日~9月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook