麻生区版 掲載号:2014年8月22日号 エリアトップへ

川崎市新総合計画 災害対策など区民が議論 市民参加の検討会を開催

社会

掲載号:2014年8月22日号

  • LINE
  • hatena
活発な意見交換が行われた
活発な意見交換が行われた

 市民とともに10年後の川崎のまちづくりを―。新たな総合計画づくりに取り組む川崎市は「川崎市の未来を考える市民検討会」を各区で開いており、麻生区は8月10日に区役所で実施された。災害対策や高齢化など4つのテーマについて参加した区民が議論を重ねた。

 総合計画とは、自治体の計画の基本ともいえる行政運営の総合的な指針。川崎市の総合計画「川崎再生フロンティアプラン」は2005年に策定されたもので、川崎市は現在、新しい総合計画の策定に向けて準備を進めている。

 川崎市は新たな総合計画に市民の意見を盛り込もうと、各区から無作為に600人ずつ抽出し、承諾を得た各区約30人と「川崎市の未来を考える市民検討会」を開いている。これまで、完成した素案などに対し意見を聴取するタウンミーティングは開いていたが、計画づくりの初期の段階から市民が参画するのは初。

 検討会は川崎区からスタートし、麻生区は8月10日に実施。当日は、26人の区民が参加。「自助・共助・公助による災害対策の推進」「高齢化の進行と誰もが生き生きと暮らせる地域づくり」「農と環境を活かしたまちづくり」「芸術・文化のまちづくり」の4つのテーマについてグループごとに分かれ意見交換を行った。

 意見のまとめでは「行政と民間が一緒になって防災対策を行っていく必要がある」「これまでのキャリアを活かして地域で働ける場所をつくることが重要」「住宅地の近くに楽しめる場があると外出でき、ひきこもりを減らせる」「多世代が交流できる機会をつくり、実践の場につなげるため、参加の入り口を広げる」などが挙げられた。

 出された意見は今後開かれる、市民検討委員会でも話し合われ、川崎市では、総合計画づくりの参考にしていくとしている。

麻生区版のトップニュース最新6

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 政治

大学准教授ら5人が検証

9月24日号

ゆかりの麻生で遺作上映

女優原知佐子さん

ゆかりの麻生で遺作上映 文化

関係者が在りし日語る

9月17日号

認知症理解へ 民・官一体

世界アルツハイマーデー

認知症理解へ 民・官一体 社会

区役所で展示 動画作成も

9月17日号

区民「地盤調査しっかりと」

リニア中央新幹線

区民「地盤調査しっかりと」 社会

外環道事故受け、説明会

9月10日号

「月」語る癒しの場を

区内在住カメラマン

「月」語る癒しの場を 社会

週1回交流 延べ500人

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験

10月5日から 麻生市民館で

10月1日~11月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook