麻生区版 掲載号:2014年8月29日号 エリアトップへ

不育症の冊子が完成 市民団体が作成

社会

掲載号:2014年8月29日号

  • LINE
  • hatena
冊子を手にする川崎支部の中原さん
冊子を手にする川崎支部の中原さん

 県内全域で活動する市民グループ「不育症そだってねっと」(工藤智子代表)はこのほど、不育症への理解や周知を目指し、冊子「不育症ってなぁに?」を作成した。

 不育症は、妊娠するものの流産や死産を繰り返してしまう病気。同会によると「適切な検査と治療を受ければ80%以上の確率で出産できるようになるが、病気とは知らずに苦しんでいる人が今も多くいる」という。

 冊子は、B5サイズ。不育症の説明や医療機関・相談窓口の案内、会員の体験談、みんなの声などが19ページに渡りまとめられている。

 同会の川崎支部では「こうした病気があることを、みなさんに知っていただけたらうれしい」と話している。

 冊子の入手方法は、B5以上の封筒に宛先を書き、140円の切手を添えて、〒249-1199伊勢原市田中432伊勢原郵便局留め「不育症そだってねっと」工藤智子さん宛てへ。

 冊子の内容はホームページからもダウンロードできる(http://www7.ocn.ne.jp/~fuikusho/)。

麻生区版のローカルニュース最新6

7団体が市民館に舞う

7団体が市民館に舞う 文化

事前申込み制

9月17日号

地元野菜普及めざし

JAセレサ川崎

地元野菜普及めざし 文化

CD2500枚 市へ

9月17日号

まちの魅力を「もっと」

麻生と私 第6回 区制40周年プレ企画

まちの魅力を「もっと」 社会

中島健介さん(41才)=万福寺在住

9月17日号

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験 文化

10月5日から 麻生市民館で

9月17日号

「ありがとう」が活動の源

「ありがとう」が活動の源 社会

地域活動に尽力 平原廣さん

9月17日号

逆転サヨナラで「若葉」優勝

区学童野球

逆転サヨナラで「若葉」優勝 スポーツ

秋季J:COM大会

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook