麻生区版 エリアトップへ

2014年8月の記事一覧

  • バスで回る福祉事業所

    バスで回る福祉事業所 社会

    9月30日 ゆりあす主催

     福祉事業所をバスで回る「ふれあう訪問ミニバスツアー」が9月30日行われる。主催は百合丘地域生活支援センターゆりあす。 同センターは精神...(続きを読む)

    8月8日号

  • 音大生特攻隊員と少女の恋愛

    音楽朗読劇

    音大生特攻隊員と少女の恋愛

    8月26日 交流館やまゆり

     麻生市民交流館やまゆりで8月26日(火)、音楽朗読劇「星の夢列車・沖縄竜宮伝説」が行われる。開演は午後3時と6時で2回公演。 今春、旗...(続きを読む)

    8月8日号

  • 眠ってませんか?あなたのアイデア

    参加者募集

    眠ってませんか?あなたのアイデア

    「コミュニティビジネス」創業セミナー&スクール

     平成26年度地域創業促進支援事業「川崎コミュニティビジネス創業スクール」が開講される。主催はNPO法人ぐらす・かわさき。 スクール開講...(続きを読む)

    8月8日号

  • 田園調布大であそぼう

    田園調布大であそぼう 教育

     田園調布学園大学で9月3日、「あそぼう!けろけろ田園チャイルド」が行われる。1歳半から就学前の子どもと保護者35組を対象とし、同大4号館1階表現スタジオで、学...(続きを読む)

    8月8日号

  • 梅澤 馨さん

    川崎麻生ロータリークラブの会長を務める

    梅澤 馨さん

    はるひ野在住 66歳

    助け合いの心で奉仕 ○…明るく魅力あるクラブ、ささやかな奉仕活動の積み重ね、おもてなしの心をテーマに、会員同士の協力・助け...(続きを読む)

    8月8日号

  • 柿生町田線が一部着工

    柿生町田線が一部着工

    住民との交渉は難航

     道幅が狭く、かねてから危険性が指摘されてきた「市道麻生10号線」に代わる「柿生町田線」は、これまで計画が進んでいなかったが、一部で権利者の承諾が得られ、拡幅工...(続きを読む)

    8月8日号

  • 震災バイオリンで演奏会

    震災バイオリンで演奏会 文化

    ミューザで9月5日

     東日本大震災チャリティコンサート「千の音色でつなぐ絆コンサート in 神奈川」が9月5日(金)、ミューザ川崎シンフォニーホール(幸区)で開催される。...(続きを読む)

    8月8日号

  • 「終戦の日」で各党が談話

    「終戦の日」で各党が談話

    平和への決意述べる平和への決意述べる

     69回目の終戦の日を迎えるにあたり、国政7政党の県責任者が...(続きを読む)

    8月8日号

  • 梨狩りバスツアー

    9月11日

    梨狩りバスツアー

     多摩と麻生を巡る

     多摩区と麻生区の見どころを巡る「麻生の名刹と梨狩りバスツアー」が9月11日に開催される。企画・実施は(株)スペース・プラン。企画協力は麻生観光協会と多摩区観光...(続きを読む)

    8月8日号

  • 過去最多の402人が利用

    チャリティカット

    過去最多の402人が利用

    NPOプリック

     市内の理容師や美容師らで構成するNPO法人プリックジャパンビューティーが先月29日、溝口でチャリティカットを開いた。 18回目の開催。...(続きを読む)

    8月8日号

  • 戦争遺跡保存求めシンポ

    戦争遺跡保存求めシンポ

    明大生田で16日〜18日

     今こそ戦争遺跡を平和のための文化財に―。戦争遺跡保存全国シンポジウムが16日から18日にかけて明治大学生田キャンパス(多摩区東三田)を中心に開かれる。戦争遺跡...(続きを読む)

    8月8日号

  • 2年ぶりの甲子園ならず

    桐光学園

    2年ぶりの甲子園ならず スポーツ

    県大会 準々決勝で敗退

     第96回全国高等学校野球選手権神奈川大会の準々決勝が7月26日、横浜スタジアムであり、2年ぶりの甲子園出場を目指した桐光学園(栗木)は横浜隼人高校に2対5で敗...(続きを読む)

    8月1日号

  • 落書き消して安全な街に

    落書き消して安全な街に 社会

    ボランティアが作業

     市民ボランティア団体「あさお落書き消し隊」が先月29日、新百合ヶ丘駅周辺などの落書き消し活動を行った。 当日は駅周辺のほか、王禅寺西5...(続きを読む)

    8月1日号

  • 介護職員を目指そう!

    集まれ!未経験者 市委託事業

    介護職員を目指そう!

    働きながら資格取得 就職もサポート

     「介護の仕事にチャレンジしたい!」。―そんなヤル気のある未就職者や資格未取得者を対象に、川崎市内で介護職として就職するためのプログラムがいよいよ始まる。...(続きを読む)

    8月1日号

  • 大きなキャンバスに絵を

    大きなキャンバスに絵を 文化

    23日 多摩美の山

     川崎・多摩美の山トラストの会が主催するイベント「第4回森のアトリエ」が8月23日、麻生区市民健康の森で開かれる。午前10時から午後3時。小雨決行、雨天で中止の...(続きを読む)

    8月1日号

  • 「血糖値が不安な方へ」

    産經逸品堂  菊芋 お試し会

    「血糖値が不安な方へ」

    来場者に「クレソンうどん」プレゼント

     健康生活応援、「天然の食べるインスリン 野菜100%」菊芋パウダーを紹介する「いきいき長生き紅菊姫お試し会」のお知らせ。 開催日は8月...(続きを読む)

    8月1日号

  • 生田緑地が野外博物館に

    生田緑地が野外博物館に 文化

    3日、イベント多数

     多摩区の生田緑地を野外博物館に見立て、様々な催しが行われる「生田緑地サマーミュージアム」が3日に行われる。 特設ステージでのコンサート...(続きを読む)

    8月1日号

  • 重大違反施設を公表へ

    川崎市消防局

    重大違反施設を公表へ

    10月から、市ホームページで

     川崎市消防局では、不特定多数の人が出入りする施設のうち消防法に重大な違反のある建物や店舗の名称などを、今年10月1日から市のホームページで公表する。これは20...(続きを読む)

    8月1日号

  • 区長に報告書提出

    第4期区民会議

    区長に報告書提出 政治

    震災対策・子育て支援承認

     2012年から「人と人と心をつなぐ地域づくり」をテーマに、2つの部会で審議をしてきた第4期麻生区区民会議。同区民会議はこのほど、多田昭彦区長に2年間の取り組み...(続きを読む)

    8月1日号

  • 振袖着付け講習会

    8月10日

    振袖着付け講習会

    東海道かわさき宿交流館で

     日本伝統の着物文化を後世に伝えようと活動している、みやうち着物学院(尾崎弘子学院長)では、「成人式の前撮りの着付け・振袖講習会」を8月10日(日)に開催する。...(続きを読む)

    8月1日号

  • ヘルパンギーナ警報発令

    川崎市

    ヘルパンギーナ警報発令

    5歳以下の子どもの夏風邪

     全国的に流行をみせる子どもの夏風邪の一種であるヘルパンギーナ。川崎市内で患者が急増し、川崎市は先月17日に流行発生警報を2年ぶりに発令した。市健康福祉局では、...(続きを読む)

    8月1日号

  • 宇津木 瑠美さん

    川崎市スポーツ協会特別優秀賞を受賞したなでしこジャパンの

    宇津木 瑠美さん

    川崎市出身 25歳

    苦労を厭わない日本の左 ○…なでしこジャパンの一員として戦ったアルガルヴェカップ準優勝やフランスの所属チーム・モンペリエH...(続きを読む)

    8月1日号

  • 来春、見学施設オープン

    味の素

    来春、見学施設オープン 経済

    年間6万人動員見込む

     味の素(東京都中央区/伊藤雅俊社長)が先月4日、川崎区鈴木町に見学施設を新設することを発表した。 総事業費は約14億5000万円。見学者の受け入れを拡大するの...(続きを読む)

    8月1日号

  • 保育所利用に新基準

    川崎市

    保育所利用に新基準 社会

    新制度で見直し案発表

     来年4月の「子ども・子育て支援新制度」の導入に伴い、川崎市は先月11日、保育所利用の新たな基準案を発表した。保育を必要とする認定の条件を拡大し、世帯の状況によ...(続きを読む)

    8月1日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook