麻生区版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

劇団民藝奈良岡朋子さん 芸術振興で市文化賞に 音大附属・細川さんは輝賞

文化

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena
文化賞を受賞した奈良岡さん(橋本哲)写真左はアゼリア輝賞の細川千尋さん
文化賞を受賞した奈良岡さん(橋本哲)写真左はアゼリア輝賞の細川千尋さん

 川崎市は16日、2014年度川崎市文化賞などを発表した。区内関係者では、劇団民藝(黒川649の1)の代表を務める奈良岡朋子さんが市文化賞を受賞した。昭和音楽大学附属ピアノアートアカデミーに所属するピアニスト細川千尋さんは、活躍が期待される若手に贈られる、アゼリア輝賞を受賞した。

 文化賞などは、市の文化、芸術、地域社会、市民福祉やスポーツなどの各分野において尽力した個人や団体に贈られるもの。

 劇団民藝の代表を務める奈良岡さんは、日本を代表する女優として活躍。1948年に第一期生として、民衆芸術劇場(第一次民藝)の研修生となり、50年の劇団民藝の設立に参加。舞台、映画、テレビなどで活躍し、文化庁芸術祭大賞、毎日芸術賞など数々の賞を受賞している。また、川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)に毎年参加。ほとんどの公演で主演している。黒川にある稽古場でも公演を行い、地域住民に舞台の魅力などを伝える活動を行っている。「劇団の地元である川崎市から賞を頂いて心から嬉しく思う。演劇創造の拠点を黒川に移して32年になりますが、さらに精進して心に残る舞台を皆さんにお届けしたい」とコメントした。

 一方、細川さんは2歳でピアノを始め、クラシック部門で数々の賞を受賞。2013年にスイスで開かれたモントルー・ジャズ・フェスティバル・ソロピアノコンペティションでファイナリストに輝き注目を集めている。川崎市で行われているアルテリッカしんゆりやモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさきに出演するなどの活躍が認められ、今回の受賞となった。
 

麻生区版のトップニュース最新6

3カ月越しに開幕

アルテリッカしんゆり

3カ月越しに開幕 文化

初日は450人が来場

7月31日号

地元で集客促進へ

市内観光事業者

地元で集客促進へ 経済

「GoTo」頼らず独自策も

7月31日号

市、農地保全へ分岐点

生産緑地22年問題

市、農地保全へ分岐点 社会

「特定」申請 周知進め

7月24日号

区全域対象 子ども会新設

区全域対象 子ども会新設 社会

区子連「空白エリア解消へ」

7月24日号

市民に演奏機会を創出

麻生市民館

市民に演奏機会を創出 文化

ホールを無料貸出

7月17日号

「中学総体」集大成に

川崎市中体連

「中学総体」集大成に スポーツ

3年生唯一の公式戦 開催へ

7月17日号

あっとほーむデスク

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月31日号

お問い合わせ

外部リンク