麻生区版 掲載号:2014年10月17日号 エリアトップへ

麻生区内人身事故 高齢者割合、県内ワースト 1月から9月まで

社会

掲載号:2014年10月17日号

  • LINE
  • hatena

 麻生警察署によると、区内の今年1月1日から9月30日までの人身事故のうち、高齢者の関わる事故が全体の約36・2%で、神奈川県内ワーストとなった。同署では、老人クラブや老人いこいの家、世帯訪問などで注意を呼び掛けている。

 麻生区内の今年1月1日から9月30日までの人身事故数は237件で、そのうち65歳以上の高齢者事故は86件で約36・2%。県内で最も高い割合となった。ワースト2位は小田原市、3位は秦野市。

 昨年同時期には区内で人身事故が263件、そのうち高齢者事故が76件発生しており、高齢者事故の割合は約28・9%。昨年と比較して、人身事故の総数は26件減っているが、高齢者事故が10件増加している。

 麻生署は、高齢者が事故の被害を受けた件数と、高齢者が運転などをして事故の加害者となった件数の両方が加算された数字であり、その両面で件数が積み重なったとしている。

 麻生署では、老人クラブや老人いこいの家での講話、例年9月に行われている交通安全ゲートボール大会、交通安全運動で、高齢者に対し交通安全の注意喚起を行っている。また、各高齢者宅に世帯訪問し、振り込め詐欺の注意喚起とともに交通安全の啓発を行ったり、区内のスーパーマーケットで靴のかかとの部分に貼る反射材を配布したりと対策を講じている。

 同署は高齢の歩行者に対し、少し遠回りになっても横断歩道を渡るように、反射材を身に着けるなど、少しでも目立つ格好で歩くように心がけるよう、注意を促している。また、運転者には「複数の目があるとより判断能力があがるので、複数の人数で車に乗り、運転していだたきたい。特に交差点での出合いがしらの事故に気をつけ、スピードは控え目にしていただきたい」と呼び掛けている。
 

麻生区版のトップニュース最新6

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

農家の果実酒醸造 解禁へ

農家の果実酒醸造 解禁へ 経済

市、県内初の特区を申請

1月24日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域の将来 語る場創出

麻生区

地域の将来 語る場創出 社会

初回会議 1月末に開催

1月17日号

将来見据えた地域づくり

多田区長インタビュー

将来見据えた地域づくり 社会

コミュニティ構築に重点

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

先読む力 令和に開花

片平小4年福田佳朋君

先読む力 令和に開花 文化

囲碁全国大会 3度目出場

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

    1月24日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

    1月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク