麻生区版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

単行本で注目「川崎モデル」 市と産業振興財団の支援策

社会

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena
著者の藤沢久美さん(中央)と市経済労働局の職員
著者の藤沢久美さん(中央)と市経済労働局の職員

 「川崎モデル」と呼ばれる川崎市経済労働局と川崎市産業振興財団の中小製造業支援が、全国各地の自治体や金融機関から注目を集めている。9月9日に開かれた社会起業大学主催の「ソーシャルビジネスグランプリ」の政治起業家部門でグランプリにも選ばれた。評価を高めるきっかけとなったのが一冊の単行本だ。

 単行本『なぜ、川崎モデルは成功したのか?〜中小企業支援にイノベーションを起こした川崎市役所〜』。著者はシンクタンク代表で経済評論家の藤沢久美さん。

 藤沢さんが着目したのは、市役所や同財団職員、訪問先の経営者との会話の端々に出てきた「川崎モデル」という言葉だ。定義は人によって様々だが、藤沢さんは「自分のことのように企業が何をすべきかを考え、実践すること」と捉え、「最終的に地域活性に結びついている」とみる。

 本では、円高による産業空洞化に危機を抱いた市幹部らが中小企業の支援策に奔走する姿を紹介。両職員で構成する「チーム川崎」が現場に足を運び続けて企業からの信頼を得るまでの営業プロセス、支援を受ける企業側の市に対する見方、地域密着営業を展開する金融機関からみた評価なども紹介している。

 今年4月の出版後、愛知県や岡山県津山市、大阪府堺市、東京都など多くの自治体が視察に訪れているという。同局企画課の小沢正勝課長は「これを追い風に、さらに中小企業の商売につながるよう頑張りたい」という。

 出版元の実業之日本社の安田宣朗(のぶあき)さんによると、「ビジネス本としても役立つ」と公務員以外の購入者も少なくないという。「アベノミクスが掲げる地方創世のアイデアにもつながる」と金融機関からの関心も高いという。本は四六判で全231ページ。価格は税別1400円。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

伝統の地域催事 賑やかに

伝統の地域催事 賑やかに 文化

高石神社で例大祭

9月20日号

成果踏まえ活用法を検討

自由広場カナドコロ

成果踏まえ活用法を検討 社会

市、継続含め年明けに方針

9月20日号

「区域越え防災力向上を」

「区域越え防災力向上を」 社会

柿生小の自主訓練に300人

9月20日号

麦酒で賑う晩夏の百合丘

麦酒で賑う晩夏の百合丘 社会

ゆりバル1日で600食以上

9月20日号

「まご育て」を考える

「まご育て」を考える 教育

専門家交え講座を開催

9月20日号

絵本ギフトで子育て支援

絵本ギフトで子育て支援 文化

読み聞かせの一助に

9月20日号

夜マルシェで上映会

夜マルシェで上映会 社会

21日 新百合ヶ丘駅前

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ダッチオーブン講習会

ダッチオーブン講習会

野外料理研究家が講師

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第157回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 後編 文:小島一也(遺稿)

    9月13日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第156回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 前編 文:小島一也(遺稿)

    9月6日号

  • あさおマンスリー

    9月 September

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    9月6日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク