麻生区版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

第65代川崎青年会議所理事長に就任した 羽山 友章さん 川崎区在住 36歳

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena

穏やかさの中に垣間見える情熱

 ○…40歳以下の青年たちがまちづくりに汗を流す組織、川崎青年会議所(JC)。第65代理事長に1月1日付で就任した。1年間の任期の中で「川崎市内の新旧住民が交流を図れる事業に取り組みたい」と抱負を語る。掲げるスローガンは、天台宗の開祖、最澄の言葉を引いた「照千一隅」。「川崎JCにいる一人ひとりの立ち位置からベストを尽くすことがまちを照らすことになる」。話しぶりは穏やかながらも、熱いものがひしひしと伝わってくる。

 ○…全国に約700ある青年会議所の中で、川崎JCは県内では横浜に次ぐ歴史を持つ。現在、会員数は90人強だが「人口規模からすると本来は150、200人いてもおかしくない組織」ときっぱり。喫緊の課題に会員の増強を挙げる。「地域愛を持つことができるJCの良さを説き、会員の拡大を図りたい」と力を込める。

 ○…JC歴は8年。青少年育成委員会ではわんぱく相撲に携わり、子どもたちが礼儀正しさや忍耐強さを身に着ける様子を目にしてきた。県内の高校生による模擬県議会を行った際には、JCを介して高校生と行政との接点づくりに力を尽くした。こうした活動を通じ「まちづくりは人づくり」との確信を得た。5年前から副理事長や専務理事を経験。執行部に入り、組織を支えた。

 ○…地元大師で生まれ育ったが、中学校からは都内の私立校に進学。それゆえ、JC入会以前は地域との関わりがなかったという。現在は家業の蕎麦膳「はやま」を父親、弟とともに切り盛りする。店ではフランス料理店などで修行を積んでいた経験を生かしたメニューも提供する。趣味は絵画。学生時代は美術部に所属し、一時期は画家を目指していたこともある。ドラムを叩くのもたまの息抜き。好きな音楽はメタリカ、ミッシェル・ガン・エレファントといったハードロックやへヴィメタル系。夫人、長男の3人家族。
 

麻生区版の人物風土記最新6

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

斎藤 泰子さん

4月で1周年を迎えた「しんゆり交流空間リリオス」の運営に携わる

斎藤 泰子さん

東百合丘在住 60歳

4月12日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

川崎市在住 48歳

3月29日号

藤原 俊六郎(しゅんろくろう)さん

農学博士として明治大学との土壌肥料研究や地域講座などを行っている

藤原 俊六郎(しゅんろくろう)さん

Office FUJIWARA代表 71歳

3月22日号

長尾 大輔さん

「川崎ものづくりブランド」に認定された理化学機器を取り扱う(株)ナガオシステムの

長尾 大輔さん

五力田在住 45歳

3月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク