麻生区版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

特別支援学校保護者ら 「卒業後も6時まで支援を」 重度障害者ケア確立へ署名

社会

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
思いを語る保護者ら
思いを語る保護者ら

 特別支援学校に子どもを通わせる保護者を中心に、重度障害者の学校卒業後の夕方支援の充実を求める署名活動が市内で展開されている。このほど集会を開き、保護者たちが切実な思いを訴えた。

 「卒業後の放課後支援を考える会」は川崎区在住の伊東悦子さんらが中心となって昨年末に発足した。

 障害のある児童・生徒の放課後支援は、タイムケア事業と放課後等デイサービス事業によって午後6時前後まで行われている。ただ、高校を卒業し、生活介護施設などに通うようになると、支援がなくなり、午後3時30分頃には帰宅するようになる。雇用環境を理由に帰宅時間が早まっているという。そのため「学校時代は苦労して何とか協力し合って就労を継続してきたにもかかわらず、卒業後、仕事を辞めざるを得ない」「介護負担が増える」といったケースが後を絶たない。

 「進路相談や個人面談は4時以降に行われるので、兄弟のために動ける時間が制限される」「3時から6時は主婦からすると忙しい。少しの間だけでも預かってもらえると助かる」

 この日の集会には40人の保護者らが参加。自身が入院することになり、子どもを誰に預けるか悩んだ話や両親の介護のために苦労した話なども聞かれた。また「子どもたちにとっても放課後支援の場はリフレッシュにもなっている」と指摘する声もあった。

 「保護者にとってはまったなしの問題」と伊東さん。別の発起人の一人は「障害者も家族も、人が人として生きるには親も子も『疲れたね』『頑張ったね』と言い合える当たり前の生活をする為にも通所施設のケア体制確立が必要」と訴えた。

 同会は1月末まで署名活動を展開し、市議会への働きかけを行うという。問い合わせは、事務局の(社福)青丘社高齢者・障がい者生活サポートネットワークほっとらいん(【電話】044・270・6127)へ。

麻生区版のローカルニュース最新6

等々力、一緒に「明日も」

等々力、一緒に「明日も」 文化

SHISHAMO 川崎Fホーム戦でライブ

5月24日号

片道900Km麻生に向かう理由

片道900Km麻生に向かう理由 文化

ベジ&フォーク主催 戸田さん

5月24日号

市内待機児童14人

市内待機児童14人 社会

保留児童は依然2772人

5月24日号

新指揮官に佐藤氏

川崎BT

新指揮官に佐藤氏 スポーツ

北氏はGM就任

5月24日号

「ねこづくし」な写真展

川崎市市民ミュージアム

「ねこづくし」な写真展 文化

岩合光昭さん作品200点

5月24日号

早野で竹林作業を体験

早野で竹林作業を体験 社会

市が主催5回目

5月24日号

学び考える映画上映会

「みんなの学校」

学び考える映画上映会 教育

6月2日 すぎのこ保育園で

5月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク