麻生区版 掲載号:2015年3月6日号 エリアトップへ

「文化の風コンサート」を4月に主催する芸術の街研究会の会長を務める 佐々木 邁(すすむ)さん 王禅寺東在住 77歳

掲載号:2015年3月6日号

  • LINE
  • hatena

地元文化を人々に届ける

 ○…家族そろって気軽に楽しめるクラシックコンサートを地元でやってみようと、2000年から市民活動として始め、今回で15回目の開催となる。麻生市民館に加え、一昨年から多摩市民館も会場となり、「多摩市民館にもっと人を呼びたい。ご高齢の方には多く来ていただいているが、聴くごとに味わいを増すクラシック音楽の良さを若い人たちにも広めていきたい」と話す。

 ○…退職後、これまであまり繋がりのなかった地元のためにクオリティの高い音楽を届けようと、「芸術の街研究会」を区内のサラリーマンOBら7人で立ち上げた。「都心で行われる有料コンサートに引けをとらず、お客様に喜んでいただけるものにしよう」とボランティアでコンサートの企画・運営に奔走した。国内外で活躍するヴァイオリニストやチェリストらを招き、麻生市民館では800人を動員するコンサートに育てあげた。

 〇…東京都出身。小学2年の頃に終戦を迎え、戦中、戦後は経済的にも厳しくレコードを買う余裕もあまりなかったが、大学生の頃にはギターを弾き、当時から音楽への興味をのぞかせる。NTTや日立製作所子会社で技術者として勤め、音楽教室の講師を務める妻と、娘2人を育てた。娘2人は国内外で活躍するピアニストとなり、「音楽への興味もより一層増していった」という。

 〇…3年前から麻生観光協会理事も務める。「地元で活動を展開するにつれ、地域の輪の広がりを感じ、心地よい」と笑顔を見せる。地元の文化や歴史といった魅力をいかにPRしていくか、日々考えを巡らせている。「文化の風コンサート」で人々に伝えている音楽も、芸術・文化のまちである麻生区の魅力の1つ。「20回目までは現役でやりたい。それ以降は運営の仕組みもできてきたので、ぜひ若い人に事務局長をやってもらいたい」と文化の継承にも思いを馳せていた。

麻生区版の人物風土記最新6

田中 隆さん

レストランあさおで月1回提供する地元食材ランチのメニューを考案する

田中 隆さん

多摩区在住 69歳

12月13日号

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

12月9日開催の昭和音楽大学生による企画制作公演を立案した

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

王禅寺東在住 23歳

12月6日号

鈴木 武夫さん

12月8日に開催する合唱フェスタを主催する麻生区合唱連盟の会長を務める

鈴木 武夫さん

下麻生在住 73歳

11月29日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

栗平在住 73歳

11月22日号

大矢 高弓さん

作品「ふるさと」が日展の特選に選ばれた日本画家の

大矢 高弓さん

千代ヶ丘在住 50歳

11月15日号

窪嶋 真弥さん

整理収納アドバイザーとして自宅セミナーの開催やテレビ番組にも出演する

窪嶋 真弥さん

万福寺在住 39歳

11月8日号

香川 和彦さん

11月24日に田園調布学園大で開催するフリーマーケットを立ち上げた

香川 和彦さん

王禅寺西在住 62歳

11月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク