麻生区版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

芸術・文化交流カフェ 本格始動でまちづくりの輪 団体・大学らが集結

文化

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena
話し合いを行う参加者
話し合いを行う参加者

 第3期麻生区区民会議の提言を受け、川崎市アートセンターで9日、「あさお芸術・文化交流カフェ」が開かれた。実質的な本格始動となった今回は、区内の芸術や文化に携わる団体や大学が集い、情報交換や交流を行った。これまでになかった横の繋がりをもつことで、区の掲げる「芸術・文化のまちづくり」をさらに推し進めようという輪ができつつある。

 2010年から2012年にかけて行われた第3期麻生区区民会議では「区内には団体や大学、ホールなど多くの芸術・文化の拠点があるが、横の繋がりがないため、交流する機会を設けてはどうか」という声があった。同区民会議の提言を受け、区はNPO法人しんゆり・芸術のまちづくりの協力を得て、ワールドカフェ方式で「芸術・文化交流カフェ」を開く運びとなった。

 顔合わせを行った昨年11月の同カフェには、日本映画大学、昭和音楽大学、NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり、麻生区文化協会、麻生フィルハーモニー管弦楽団、川崎市アートセンター、NPO法人KAWASAKIアーツ、劇団民藝、麻生音楽祭実行委員会、あさお芸術のまちコンサート推進委員会が参加。今回はさらに和光大学表現学部、麻生合唱団なども集結した。

「交流求めていた」

 今回は互いに活動内容を紹介し合ったほか、市民から「ルールにより、まちの賑わいを欠いている」という声のあった「新百合丘駅周辺景観計画特定地区の景観形成基準」が昨年4月に改正されたことにより、立看板、広告などが設置可能になった範囲の説明が市職員から行われた。参加者らは、イベント告知のポスターについてなど、活発に議論や質問を交わしていた。

 参加者からは「芸術に関わる人との交流を求めていたので、いい企画」という声もあった。今後はまちの魅力をより輝かせるためにはどうすべきか、話し合いを行っていく予定だ。

 同カフェを担当する区地域振興課は「芸術・文化のまちづくりのさらなる推進に生かしていきたい。話し合われたことは、市総合計画の策定にも役立てていきたい」としている。

麻生区版のトップニュース最新6

水飲み場「耐震」53校に

市立小中

水飲み場「耐震」53校に 社会

全校、23年度完了へ

5月17日号

緑地維持推進 計画を改定

新百合ヶ丘駅周辺

緑地維持推進 計画を改定 文化

人口増など踏まえ新指針

5月17日号

「全部で結果を残す」

桐光学園サッカー部西川潤選手

「全部で結果を残す」 スポーツ

高校、日本代表、Jリーグでプレー

5月1日号

区内各地 再整備加速へ

区内各地 再整備加速へ 経済

将来のまちづくり 進行中

5月1日号

木村医師 国連本部で講演

木村医師 国連本部で講演 教育

「心に焦点」 区内で講話も

4月26日号

GW、6割超が一部診療

市医師会加盟機関

GW、6割超が一部診療 社会

改元に伴う休日、開院数増

4月26日号

駅前商業地 堅調に上昇

麻生区公示地価

駅前商業地 堅調に上昇 経済

住宅地は横ばい傾向続く

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク