麻生区版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

3月11日付で麻生警察署第20代署長に就任した 三鬼 洋二さん 千代ヶ丘在住 51歳

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena

誠実に、プライドを持って

 ○…「犯罪件数が少なく、治安が良好だと感じている。お住まいになられている方の規範意識が高い」と麻生区の印象について語る。第20代署長として全署員への第一声では「警察官は人や社会に尽くす職業。プライドを持って職務にあたろう」と訓示した。署員が真剣に話を聞いている姿を見て「嬉しくもあり頼もしさを感じた」。これから署員とともに職務にあたる手ごたえを感じている。

 ○…警察官を志したのは高校3年生のとき。愛知県で発生した誘拐殺人事件をニュース報道で見て関心を持った。「このような事件が起こるのかと。すごいショッキングだった」。逮捕された犯人を両脇で抱え連行する刑事の表情を、画面を通して見て「とにかく真直ぐで必死な形相だった。今でも頭から離れない」と振り返る。画面から伝わった一生懸命さに憧れ「必死になれる職業に就きたい」と思い、警察官となった。

 ○…警察官になりたてのころ、男女交際のもつれから女性が暴力を振るわれる事件を担当したが、思うような解決に導くことができなかった。「全力で職務にあたったんですが。今でも心に残っている」。33年の警察官人生で忘れられない事件の一つ。この経験は刑事指導官室長として指導にあたった際にも活かしてきた。これから刑事になる人に対して教えてきたことは「事件に大きいも小さいもない。被害者に対して全てに誠実に接すること」。警察官としてプライドを持って職務にあたる大切さを持ち続けている。

 ○…釣り、ウォーキングが趣味。公舎に引っ越す前に住んでいた横須賀では観音崎を散歩しリフレッシュしていた。「これからは麻生区を回り、魅力を感じていきたい」。地図に載っている地名には足を運んでいくつもりだ。区民の安全・安心を守るため「署員には、最後は署長がいるからと安心して職務にあたってほしい」。新警察署長として先頭に立つ。

麻生区版の人物風土記最新6

石井 よし子さん

22日開催の「里山フォーラムin麻生」で事務局長を務める

石井 よし子さん

下麻生在住 70歳

2月21日号

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

山内(やまのうち) 楓子さん

麻生消防団員で、総務省消防庁の消防団入団促進PRに出演する

山内(やまのうち) 楓子さん

東百合丘在住 20歳

1月31日号

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月24日号

矢野 淳一さん

阪神・淡路大震災でのボランティアをきっかけに地域防災に取り組む

矢野 淳一さん

高石在住 66歳

1月17日号

草壁 悟朗さん

川崎商工会議所の会頭に昨年11月就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ガイド案内で歴史散歩

麻生がもっと好きになる

ガイド案内で歴史散歩

3月11日~3月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク