麻生区版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

意見広告 地域でも身を切る改革を 維新の党 麻生区担当政策委員 大橋信一

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 維新の党は国政において「身を切る改革」を掲げています。私は様々な地域の課題を聞いてきましたが、その話を川崎の行政へ持ち込むと返事は決まっています。それは「お金が無い」ということです。川崎市の財政力指数は全国の政令指定都市の中でも決して悪いものではありません。しかし、毎年継続して固定的に支出される経費の割合が高く、政策的に自由に使えるお金がほとんどありません。外郭団体や特別会計にプールされている「埋蔵金」は一回使えば無くなってしまいます。それではこれからも続く問題の解決に対して意味が無いのです。

 だからこそ今「身を切る改革」が必要です。議会・行政に毎年恒常的にかかっているコストを削減し、そこで生まれたお金を財源として地域課題の解決に使う、それこそが「身を切る改革」の意味なのです。そしてそれはあくまでも手段であり、その先にこそ本当に取り組まなければならない課題があります。横浜市営地下鉄の延伸、柿生駅南口の再開発、高石や岡上でのコミュニティ交通の整備・発展、救急医療体制の改善、ペットと暮らしやすい街づくり、そういった施策を実現する前提として、まずは政治家が、そして行政に携わる人間が「身を切る改革」を断行していかなければならないと考えます。


 

大橋信一

麻生区上麻生6-29-3

TEL:070-5564-1948

https://www.facebook.com/ohhashishinichi

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

令和3年 新しい価値を生み出すまちへ

意見広告

令和3年 新しい価値を生み出すまちへ

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

1月1日号

コロナ禍の年末年始〜川崎市の対応

議会報告

コロナ禍の年末年始〜川崎市の対応

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

12月25日号

市病院局による不正会計と公文書改ざん明らかに

連載 80 市民理解が得られないお金の使い方 その2

市病院局による不正会計と公文書改ざん明らかに

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

11月13日号

学校用地の取得

連載 79 市民理解が得られないお金の使い方 その1

学校用地の取得

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

10月30日号

あなたの税の使いみちをチェック〜決算審査

議会報告

あなたの税の使いみちをチェック〜決算審査

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

10月23日号

地域の価値をつくるもの

市政報告

地域の価値をつくるもの

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

8月28日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク