麻生区版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

電子お薬手帳サービス 拡充目指し協定締結 市・市薬剤師会とソニー(株)

社会

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena
ICカード=ソニー(株)提供
ICカード=ソニー(株)提供

 川崎市と川崎市薬剤師会(嶋元会長)は、ソニー(株)と「電子お薬手帳」の試験サービスに関する協定を先月末に締結した。2014年度末で切れた協定を新たに結び直したもので、さらなる利用者と薬局の拡大、多様なサービスへの対応を目指す。

 「電子お薬手帳」は、専用のカードとスマートフォン用のアプリケーションで使用するもので、利用者が薬局の端末にカードをかざすと調剤履歴の閲覧や記録ができ、スマホアプリを利用すれば、自宅や外出先でも情報閲覧ができるほか、診察時の症状や服用後の副作用などを記録することもできる。

 家族の登録もでき、家庭内の調剤履歴を一元管理できるほか、遠隔地でもスマホでデータ確認ができ、遠方に住む家族の健康状況を把握することも可能など多岐に利用できる。

 このシステムは、まず宮前区で2011年から試験導入され、13年秋から川崎市全域での運用が開始された。市全域での導入に際し、市と市薬剤師会は、13年11月にソニー(株)と今年3月末までの協定を締結。これまで132の薬局に導入され、すでに申請が出ている店舗も含めると140になり、利用者も1万人を超えるなど順調に浸透している。今回その成果を評価し、さらなる利用者と薬局の拡大、多様なサービスへの拡充を目的に、新たに15年度に実施する試験サービスに関する協定を結んだ。

 市薬剤師会の嶋元会長は「カード1枚で市民の情報を地域の薬局で共有できることは、薬の適正使用という安全・安心の面から非常に重要。また1年間試験サービスを続けることで、多くの人に持ってもらえるように努力していきたい」と話している。

麻生区版のローカルニュース最新6

温もりある作品を展示

温もりある作品を展示 文化

住宅街のギャラリーで

12月13日号

地域デビュー応援講座

地域デビュー応援講座 社会

1月から全5回

12月13日号

地場産素材で限定ランチ

レストランあさお

地場産素材で限定ランチ 文化

12月は野菜直売も併催

12月13日号

風景印 開局30周年で刷新

栗平郵便局

風景印 開局30周年で刷新 文化

地域色反映の公募作採用

12月13日号

多彩な地域人が交流

多彩な地域人が交流 文化

やまゆりで親交深める

12月13日号

名称「mizoo(ミズー)」に決定

浮世絵ギャラリー開館

JR川崎駅前

浮世絵ギャラリー開館 文化

インバウンド効果に期待

12月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク