麻生区版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

電子お薬手帳サービス 拡充目指し協定締結 市・市薬剤師会とソニー(株)

社会

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena
ICカード=ソニー(株)提供
ICカード=ソニー(株)提供

 川崎市と川崎市薬剤師会(嶋元会長)は、ソニー(株)と「電子お薬手帳」の試験サービスに関する協定を先月末に締結した。2014年度末で切れた協定を新たに結び直したもので、さらなる利用者と薬局の拡大、多様なサービスへの対応を目指す。

 「電子お薬手帳」は、専用のカードとスマートフォン用のアプリケーションで使用するもので、利用者が薬局の端末にカードをかざすと調剤履歴の閲覧や記録ができ、スマホアプリを利用すれば、自宅や外出先でも情報閲覧ができるほか、診察時の症状や服用後の副作用などを記録することもできる。

 家族の登録もでき、家庭内の調剤履歴を一元管理できるほか、遠隔地でもスマホでデータ確認ができ、遠方に住む家族の健康状況を把握することも可能など多岐に利用できる。

 このシステムは、まず宮前区で2011年から試験導入され、13年秋から川崎市全域での運用が開始された。市全域での導入に際し、市と市薬剤師会は、13年11月にソニー(株)と今年3月末までの協定を締結。これまで132の薬局に導入され、すでに申請が出ている店舗も含めると140になり、利用者も1万人を超えるなど順調に浸透している。今回その成果を評価し、さらなる利用者と薬局の拡大、多様なサービスへの拡充を目的に、新たに15年度に実施する試験サービスに関する協定を結んだ。

 市薬剤師会の嶋元会長は「カード1枚で市民の情報を地域の薬局で共有できることは、薬の適正使用という安全・安心の面から非常に重要。また1年間試験サービスを続けることで、多くの人に持ってもらえるように努力していきたい」と話している。

麻生区版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

地域参加で暮らしに彩り

アジサイ色鮮やかに

アジサイ色鮮やかに 文化

柿生の浄慶寺

6月14日号

初の二本立て公演

初の二本立て公演 文化

かわさきレビュー 28日から

6月14日号

ラゾーナ川崎で100日前イベント

ラグビー体験やスペシャルライブも

ラゾーナ川崎で100日前イベント スポーツ

6月14日号

都内で6年ぶり作品展

都内で6年ぶり作品展 文化

アリマ・ジュンコさん

6月14日号

タッチフット体験教室

タッチフット体験教室 スポーツ

6月末、専大グラウンドで

6月14日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自作ロケットを飛ばそう

自作ロケットを飛ばそう

発明クラブの夏休み企画

7月15日~7月15日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク