麻生区版 掲載号:2015年4月24日号
  • googleplus
  • LINE

活動通じて創造性養おう 発明クラブが開講式

文化

挨拶に立った安村通晃会長
挨拶に立った安村通晃会長
 子どもたちにモノづくりへの興味を高めてもらおうと活動している川崎北部少年少女発明クラブ(安村通晃会長)が4月19日、昭和音楽大学北校舎で今年度の開講式を行った。

 同クラブは麻生区をはじめ、多摩区や宮前区、高津区の小学3年生から中学生を対象に、年間を通じて科学教室などを催し、発明や実験の楽しさを味わってもらおうと2012年に発足した団体。

 4年目のスタートとなったこの日は、開講式典と1回目の講座が開かれた。式典には事前公募で集まった児童とその保護者らに加え、川崎商工会議所の山田長満会頭、笠浩史衆議院議員ら来賓合わせて約70人が出席。式典挨拶の席で安村会長は「なぜ、どうしてだろうというのがサイエンス、モノづくりの技術がテクノロジー。これらの工夫を繰り返して発明を楽しんでいきましょう」と参加者らに呼びかけた。同クラブでは今年も月に1回程度、科学講座を開催し、チャレンジ創造コンテストなどへの出展を目指していく予定だ。

今年も多数の児童が参加
今年も多数の児童が参加

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第118回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(4)石造物〜お地蔵さま 後編

    2月16日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク