麻生区版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

4月開始の育児支援 情報集約で広報力向上 利用者数 順調に推移

社会

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena
上麻生保育園では土曜開放でスタッフと来園者が交流
上麻生保育園では土曜開放でスタッフと来園者が交流

 自宅保育の家庭や、妊婦などに保育園が行っている各種子育て事業をより広範に活用してもらおうと、麻生区が4月から本格スタートさせた「子育てサポートほいくえん」事業。稼働から2カ月が経過し、利用者数も順調に推移している。

 これまで個別の保育園では地域支援として、園庭開放や育児相談を実施していたが、周知などの面で課題も多かったという。同事業は区内6園を「子育てサポートほいくえん」とし、活動内容を集約させ、発信を行うことで保育園に通っていない家庭が利用しやすい環境を提供することが目的。昨年9月に上麻生、白山、高石の公立保育園3園で試行的にスタートさせ、今年4月から公立5園、民営1園で事業が始まった。

移動動物園など催しも紹介

 現在は月1回、サポートほいくえんのイベントスケジュールなどが掲載されたチラシを公共施設などに設置しているほか、区のホームページでも紹介している。園庭開放や育児相談のほか、移動動物園や、園児と混じって参加親子が食事体験できる催しなど様々な情報が盛り込まれている。サポートほいくえん事業に参加するには、初回来園時に登録が必要で、試行期間の登録家庭は約110だったが、4月の本格稼働後は2カ月弱で40家族以上の登録があり、利用家族は順調に伸びている。

 同事業を担当する区役所こども支援室では「今まで個々の保育園で情報発信していたことをパッケージにして伝えることで、周知力が高まり活用しやすくなった。サポートほいくえんの拡充なども検討しながら育児に関する悩みや保護者の負担を軽減していきたい」と話している。子育てサポートほいくえんに関する問い合わせは区役所こども支援室【電話】044・965・5220へ。

麻生区版のトップニュース最新6

一輪車演技日本一に

王禅寺中央小日野さん

一輪車演技日本一に スポーツ

小学生の部で悲願達成

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

地図づくり大詰め

SDGs推進隊

地図づくり大詰め コミュニティ社会

他都市への展開も視野に

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

区内で新たに16件決定

市地域文化財

区内で新たに16件決定 文化

旧神谷歯科など

11月19日号

神奈川制し全国へ

桐光学園サッカー部

神奈川制し全国へ スポーツ

3年ぶりに王座奪還

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高血圧症と心不全」

テーマは「高血圧症と心不全」

12月9日 健康づくり講演会

12月9日~12月9日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook