麻生区版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

第50回神奈川県看護賞を受賞し、麻生区社会福祉協議会事務局長を務める 稗苗(ひえなえ) 咲子さん 都内在住 61歳

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena

地域福祉を支え邁進

 ○…神奈川県看護賞を先ごろ受賞し、「名誉な賞をいただき、たいへん嬉しく光栄」と話す。川崎市内で健康、介護予防、子育てなどの自主活動グループの組織化を支援し、医学的な視点を含めた指導など、地域住民の健康の輪を広げる基盤づくりに貢献したことが評価された。市の保健師として34年、13カ所で活動してきた中でも、自主活動グループとの関わりは「地域住民の方々と取り組み、思い出深い」と振り返る。

 ○…秋田県出身。健康優良児だったという小中学校時代に健康に関心を持ち始め、保健室でいつも子どもたちに優しい養護教諭に憧れた。看護学校へ進学し上京。看護師として高津区の虎の門病院分院で勤務する中で「教科書以上に、看護を実践している先輩を見て、仕事をする厳しさと楽しさを学んだ」と現在の礎を築いた。保健師となってからは、川崎市内の保健所やこども支援室、健康福祉局などで奔走。昨年4月から麻生区社会福祉協議会の事務局長を務め、誠実にベストを尽くすことを心がけ、仕事に取り組む。

 ○…息子1人、娘1人の2児の母。「市役所本庁勤めの時には、子どもが小さくて共働きで大変だったが、子どもには不自由がないようにと、夫とも協力し合い、乗り越えることができた」と振り返る。チームワークは仕事でも重んじており、「大変なことでも皆で協力して取り組めば、やりこなせる」と語る。

 ○…保健師として行ってきた活動も区社協での仕事も目指すことは同じ。「人のために何かをすると生き生きとします。地域福祉のために皆で支え合い、住みやすい街にしていきたい」と話す。今後は、これまでの経験をいかしながら、市社協や他区社協とより一層の協力や連携をはかっていく考えだ。「区社協の森政吉会長のご指導のもと、地域の皆様と協議し、協働しながら職員一丸となって地域福祉の推進に取り組んでいきたい」
 

麻生区版の人物風土記最新6

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月23日号

小泉 清さん

国交省から表彰を受けた早野聖地公園里山ボランティアの会長を務める

小泉 清さん

上麻生在住 71歳

8月9日号

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

多摩区在住 61歳

8月2日号

永井 和美さん

子育てママの地域ネットワーク「Linkmama」の代表を務める

永井 和美さん

栗平在住 44歳

7月26日号

三輪 輝子さん

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する

三輪 輝子さん

王禅寺西在住 71歳

7月19日号

成田 正弘さん

川崎白百合ライオンズクラブの2019-20年度会長を務める

成田 正弘さん

五力田在住 44歳

7月12日号

親松 明さん

2019-2020年度川崎麻生ロータリークラブ会長の

親松 明さん

早野在住 78歳

7月5日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちに賑わいと愛着を

まちに賑わいと愛着を

百合丘ふるさとまつり

9月29日~9月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク