麻生区版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

新総合計画 市民満足度の向上めざす パブコメは31日まで

社会

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は先ごろ、めざす都市像やまちづくりの基本目標を示す「新たな総合計画素案」を発表した。今回は従来の素案とは異なり、各施策に対する市民の満足度を示す「市民の実感指標」を数値目標として掲げた。

 総合計画は行政運営の総合的な指針を示すもので、地域づくりの最上位の計画に位置付けられる。施策や事業の基本概念を示す「基本構想」、施策や目標を達成するための手段を示す「基本計画」、事業内容や実施時期を示す「実施計画」の3階層から構成される。

10年後の目標値を設定

 川崎市の人口推計は2030年から減少に転換すると予測されている。20年には65歳以上人口の比率が21%を超える超高齢社会に突入し、川崎市は今後30年間で大きな転換期を迎える。

 今回の新総合計画素案は行財政改革の考え方と同様、「量的改革から質的改革へ」をめざす福田市政を色濃く示す内容となった。

 数値目標には、施策に対する市民の満足度を示す「市民の実感指標」を導入。今年2月の市民アンケートをもとに現状の施策に対する評価を数値化。全政令市の評価と比較し、10年後の目標値を定めた。川崎市の現状値が全国平均よりも低ければ平均値以上をめざし、全国平均よりも高ければ最高値をめざす。

 例えば現状値15・6%の「災害に強いまちづくりを進めていると思う市民の割合」は全国平均の25%をめざす。そのほか現状53・8%の「安心して医療を受けることができると感じている市民の割合」を60%に、現状26・9%の「子育て環境の整ったまちだと思う市民の割合」を35%に目標設定した。具体的な施策には、認知症や障害のある高齢者を地域で支え合う包括ケアシステムの推進、川崎に対する市民の愛着や誇りを高める「シビックプライドの醸成」を新たに盛り込んだ。

 都市整備の面はこれまでと同様、広域拠点に川崎・小杉・新百合ヶ丘駅周辺を位置づけ、地域生活拠点に新川崎・鹿島田、溝口、鷺沼・宮前平、登戸・向ヶ丘遊園駅周辺を位置づけた。

 市は今月31日まで、市民からの意見を受け付けるパブリックコメントを実施する。市のHPや区役所などで閲覧できる。問合せは市総合企画局企画調整課【電話】044・200・2550。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

箏の楽しさ教える

箏の楽しさ教える 文化

「三曲あさお」講習会

3月27日号

ワイン特区に決定

市北部

ワイン特区に決定 文化

「かわさきそだち」国が認定

3月27日号

サクラ満開

サクラ満開 社会

3月27日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・尺八の体験会

箏・尺八の体験会

4月、小中学生が対象

4月4日~4月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク