麻生区版 掲載号:2015年8月28日号 エリアトップへ

柿生郷土史料館タイアップ企画 柿生文化を読む 第66回麻生の寺院 常念寺・阿弥陀堂(金井)中編

掲載号:2015年8月28日号

  • LINE
  • hatena
常念寺本堂
常念寺本堂

【前号から続く】また、この寺の名は「常念寺」ですが、新編武蔵風土記稿には「浄念寺」と記され、文化五年(1808)奉納された境内の手水盤には、「上念寺」と刻まれており、金井の阿弥陀堂には親鸞が僧浄念を伴った故事から「浄念寺」であったと思われ、山号の「稲荷山」は創建以前に、本堂左手と現墓地の小高い丘に二社の稲荷社が在ったことから名付けられたとされています。

 この寺の本堂は明和年間(1764〜71)に再建されたと言われるもので、江戸時代の浄土真宗寺院の建築様式を残す貴重なものと言われ、それは内陣須弥壇上に阿弥陀木物立像を祀り、後方奥には脇壇があり、右に親鸞上人画像、左には蓮師御影(蓮如)を祀るもので、間取りは内陣、余間、外陣の3室からなり、内陣と外陣の間には中陣という矢来(棚の仕切り)が置かれ、市内では、加瀬の長弘寺、二子の光明寺、登戸の長念寺、麻生の常念寺にのみのこるものだそうです(市社寺調査報告)。【次号へ続く】

参考文献:「新編武蔵風土記稿」「栗木 明日へ語り継ぐ」「麻生の神社と寺院」「歩け歩こう麻生の里」「町田市史」 文:小島一也(遺稿)
 

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 稲毛庄の定説を見直す〜稲毛庄と畠山氏の関わり【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

7月23日号

GO!GO!!フロンターレ

夢から「もうひとつの夢」

区民記者が走る! vol.3 2021年 July

夢から「もうひとつの夢」

7月16日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 稲毛庄の定説を見直す〜稲毛庄と畠山氏の関わり【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

7月16日号

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 稲毛庄の定説を見直す〜稲毛庄と畠山氏の関わり【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに伝統文化 継承

子どもに伝統文化 継承

「お箏教室」参加者募集

9月11日~12月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter