麻生区版 掲載号:2015年8月28日号 エリアトップへ

株式会社川崎フロンターレの社長として陣頭指揮をとる 藁科(わらしな) 義弘さん 東京都在住 57歳

掲載号:2015年8月28日号

  • LINE
  • hatena

「悲願のタイトル獲得を」

 ○…14年間に渡りクラブをけん引してきた武田信平前社長の後を受け、今年4月から就任した。地域密着・地域貢献という点でJリーグから高い評価を受け、地域からも愛されるクラブへと成長させてきた前社長からの引き継ぎということもあり「プレッシャーは大きい」と話しつつも「自分らしさを出しながら、これまで以上にサポーターに応援してもらえるクラブ作りをしていきたい」。

 ○…静岡県出身。立命館大学卒業後、富士通に入社。管理部門では総務部や人事部、営業部門では、全国各地を回りながら、お客さんとの関係作りに奔走するなど、実績を積みあげながら会社の成長を支えてきた。そして今年、これまでの功績などが評価され、社長に抜擢された。「会社からは断ってもいいと言われたが、仕事内容の変化としては面白くやりがいを感じたので即断で引き受けた。でも実際、社長として何をしていいか、まったくわかっていなかったですけどね」

 ○…これまで優勝まであと一歩というシーズンが多く、未だ無冠のフロンターレ。「いちサポーターとしても悔しい思いをしてきた。今年こそはという思いはある」。チームの勝利、そして悲願のタイトル獲得に向けては、選手、スタッフ、そして社員が同じ目線に立ってコミュニケーションを取りながら、進めていける環境づくりが必要と考えている。「目指すところは皆同じ。全員で一丸となって全力で取りに行きたい」

 ○…転勤が多かったということもあり、12年前から大阪に家族を残し、単身赴任をしている。3人の子どもたちは、大阪で育ったということもあり、実は関西の強豪チーム・ガンバ大阪のファンだとか。「フロンターレを応援してもらいたいけど『ファンになって』とは口が裂けても言えないよ」といいながらも「子どもたちも応援したくなるような魅力あるクラブにしていきたい」。個人としての大きな目標を掲げる。
 

麻生区版の人物風土記最新6

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

麻生市民交流館やまゆりでワンコイン落語会を開催している

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

町田市在住 27歳

3月27日号

丸山 喬平さん

第23回「岡本太郎現代芸術賞展」で入選した

丸山 喬平さん

王禅寺西在住 32歳

3月13日号

谷添 照美さん

劇団アットリーチェ代表を務める

谷添 照美さん

王禅寺在住 

3月6日号

石井 よし子さん

22日開催の「里山フォーラムin麻生」で事務局長を務める

石井 よし子さん

下麻生在住 70歳

2月21日号

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク