麻生区版 掲載号:2015年9月4日号 エリアトップへ

市長車座 スタイル変え、区で3回目 防災、支え合いなど議論

社会

掲載号:2015年9月4日号

  • LINE
  • hatena
地域住民と意見交換する福田市長
地域住民と意見交換する福田市長

 福田紀彦市長が直接市民から意見を聞く「区民車座集会」。麻生区役所で先月26日、区では3回目となる「車座」が開かれ、福田市長と地域住民の活発な議論が行われた。

 従来は公募で参加者を募集していたが、今回はスタイルを一新し、テーマごとに選定された地域団体が事例発表を行い、その後意見交換を行った。5団体14人が参加し、21人が傍聴に訪れた。

 「防災」について発表したのは新百合ヶ丘自治会。要援護者のいる世帯を中心とした「向こう3軒両隣」の5世帯全体が支援者となり、見守りや避難支援を行う体制を整備した事例などを話した。

 「高齢者支援」について発表した金程富士見会は「一人暮らしの方」「老夫婦の家庭」「病気・障害の方」などの見守りを町会組織で行っていることなどを語った。

 「岡上町内会」は、高齢者の一人住まいや幼い子どもがいる世帯の生活を地域全体で支える活動を民生委員と連携して実施していることを発表。

 こうした事例発表から、要援護者の情報共有の仕方、民生委員の負担増、担い手不足など地域に共通する課題が抽出された。

 そのほか、発足から今年で11年を迎えるはるひ野町内会は「コミュニティづくり」、麻生区町会連合会は安全で安心して暮らせる街づくりを目指した「町会・自治会活動」について発表を行った。

 福田市長は「地域をつくっている自治会・町内会の現場の声やそれぞれの地域の課題が聞け、制度のところまで深い議論ができ、非常によかった。いいモデルは、他の区に伝えていくということもやっていきたい」と述べた。

麻生区版のローカルニュース最新6

「多摩川なまず」命名を

「多摩川なまず」命名を 社会

3条件で市が募集

11月20日号

2週間で308人感染

【Web限定記事】 新型コロナ

2週間で308人感染 社会

市「対策の徹底を」

11月20日号

秋にもヒマワリ

秋にもヒマワリ 社会

早野で夏に続き開花

11月20日号

風水害とコロナに備え

風水害とコロナに備え 社会

市総合防災訓練を実施

11月20日号

一層の健康を祈願

一層の健康を祈願 社会

琴平神社で七五三祝い

11月20日号

”苦情”で行政サービス改善

川崎市市民オンブズマン

”苦情”で行政サービス改善 社会

全国初の導入から30年

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク