麻生区版 掲載号:2015年9月4日号 エリアトップへ

将来世代にツケを残さない財政運営を目指して ―減債基金の借入れ継続が焦点―川崎市議会議員 山崎 なおふみ

掲載号:2015年9月4日号

  • LINE
  • hatena

 このたび、本市の将来像を描いた新たな総合計画の素案が公表されました。そこに財源の裏付けがなければ計画は画餅に終わるだけに臨時に開催された全員協議会では、今後における本市の財政運営を危惧する質疑が大半を占めました。

 また、併せて報告された平成26年度一般会計決算見込みによれば最終損益を意味する実質収支は1億8千万円を確保したものの、歳出面においては減債基金から51億円を借入れており、事実上は収支不足とされています。市債発行の翌年度から所要額を積み立てることで償還時の財源となる減債基金からの借入れは将来に禍根を残しかねず、このたびの計画によれば平成30年度までに計538億円もの借入れが見込まれる一方で、その返済見通しは未だ示されていません。

 本市はこれまで数次に亘る行財政改革により3千人もの職員削減と、大胆な歳出構造の見直しにより危機的状況を回避して参りましたが、今後の社会保障負担や伸び続ける扶助費が財政を圧迫することが予想される中、その収支不足を減債基金からの借入れに依存する手法は極力避けるべきであります。首長や議員には歳出を伴う公約が目立ちますが、歳出削減こそ欠かせない視点であり、減債基金からの借入れに依存しない新たな財源の捻出とその返済見込みを含む将来的な財政計画の策定が急務といえます。御意見はこちらまで。【メール】naofumi.yamazaki@nifty.com

山崎なおふみ

麻生区高石5-18-5

TEL:044-966-4192

http://homepage3.nifty.com/naofumi_yamazaki/

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

市病院局による不正会計と公文書改ざん明らかに

連載 80 市民理解が得られないお金の使い方 その2

市病院局による不正会計と公文書改ざん明らかに

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

11月13日号

学校用地の取得

連載 79 市民理解が得られないお金の使い方 その1

学校用地の取得

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

10月30日号

あなたの税の使いみちをチェック〜決算審査

議会報告

あなたの税の使いみちをチェック〜決算審査

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

10月23日号

地域の価値をつくるもの

市政報告

地域の価値をつくるもの

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

8月28日号

コロナ禍の医療・教育について

議会報告

コロナ禍の医療・教育について

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

7月10日号

緊急事態宣言下の川崎市は今

市政報告

緊急事態宣言下の川崎市は今

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

女性・子どものため活動20年

NPO法人花みずき

女性・子どものため活動20年

 記念コンサート開催

12月5日~12月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク