麻生区版 掲載号:2015年9月11日号 エリアトップへ

若者が行う孤立者支援 千葉翔遥(しょうよう)さん(王禅寺在住)

社会

掲載号:2015年9月11日号

  • LINE
  • hatena
「若年層の社会活動への理解も広げていきたい」(千葉さん)
「若年層の社会活動への理解も広げていきたい」(千葉さん)

 学生などの若い世代による社会貢献や地域活動を活性化させていきたい――。

 区内王禅寺在住の東海大学3年生、千葉翔遥さん(21)は横浜や川崎で生活困窮者や高齢者を支援するボランティア活動を独自に行っている。若い世代と交流を求める人とのちょっとした話し相手から、場合によっては就労支援のサポートまで、地域に足を運びながらの取組みを高校生の時から継続している。

 小学生の頃に体験授業の一環として訪問した高齢者施設で入居者とふれあい「おじいちゃんおばあちゃんと交流していくうちに、僕ら子どもと話をして喜んで貰えるんだということを知った」というのが活動の原点だという。その後、十代半ばの頃には川崎市のチャリティイベントにメンバーとして参加するなど、福祉の充実で地域を活性化させようと時には個人で、時には友人たちに声をかけながらボランティア活動を続けてきた。高校生の時に始めたのが地域で孤立しがちな生活困窮者などの支援活動だ。

より住みよい地域へ

 「精神疾患などで心を閉ざしているような方でも実は交流を求めているんです。若い世代の自分たちが行政とは違うアプローチで解決できることはあると思っています」と話す千葉さん。就労まで支援して何人かは社会復帰するなど、やりがいも生まれているという。「若者による地域貢献はこれからの時代で大事だと思います。自分の活動を賛同してくれる若い世代が増えていけば川崎はもっと住みよい街になると思います」。

麻生区版のローカルニュース最新6

「多摩川なまず」命名を

「多摩川なまず」命名を 社会

3条件で市が募集

11月20日号

2週間で308人感染

【Web限定記事】 新型コロナ

2週間で308人感染 社会

市「対策の徹底を」

11月20日号

秋にもヒマワリ

秋にもヒマワリ 社会

早野で夏に続き開花

11月20日号

風水害とコロナに備え

風水害とコロナに備え 社会

市総合防災訓練を実施

11月20日号

一層の健康を祈願

一層の健康を祈願 社会

琴平神社で七五三祝い

11月20日号

”苦情”で行政サービス改善

川崎市市民オンブズマン

”苦情”で行政サービス改善 社会

全国初の導入から30年

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク