麻生区版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

岡上分館長としてまちづくりに尽力する 中村 一真さん 幸区在住 52歳

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena

「地域コミュニティの拠点に」

 ○…麻生市民館の分館である岡上分館の館長に、今年4月に就任した。「岡上は自然が多く残っていて、閑静で非常に環境のいいところ。分館を地域コミュニティ創造の場にしていきたい」と意気込みを語る。岡上にやって来て感じたまちや人々の印象は、顔なじみの人が非常に多いということ。「分館のことも、私よりも利用者のみなさまの方がよく知っている」と謙遜する。

 ○…横浜市に生まれ、川崎市幸区で育った。大学在学中から川崎市職員となり、川崎北部市場、緑ヶ丘霊園事務所、高津区役所地域振興課、宮前区役所区民課など、これまで幅広く、多くの職場を経験してきた。特に高津区地域振興課では、地元の町会、自治会との連携を行っており、岡上でもその手腕に期待がかかる。「地域振興課の時より、分館ではより多くの地元の方と、直接顔を合わせることになると思うので、楽しみ」と語る。

 ○…子どもの頃から過ごしている幸区日吉地区の風景は、岡上の自然風景と重なる。幼い頃は田んぼでザリガニ獲りやセミ獲りをして遊んでいた。現在も趣味は園芸で、夏みかんやゆず、桃、ぶどう、さくらんぼなどを自宅の庭で育てているという。「将来の枝ぶりを想像して、剪定していくのが面白い」と微笑む。岡上分館でも育てている野菜を利用者へ提供することがあり、その様子を温かく見守っている。

 ○…地域の団体やサークルが利用する岡上分館は近年、若者の利用者減が課題であったが、「ここ最近は、三味線の団体だけでなく、軽音楽やジャズ、演劇など若い世代の利用も増えてきた」と語る。市民が企画提案し、分館と協働で行う市民自主学級・企画事業もあり、「多くの方に、積極的に企画を提案していただきたい」と呼びかける。「地域の人々、小学校や大学、施設とも連携し、岡上分館を拠点に、地域密着でまちを活性化させていきたい」と語った。

麻生区版の人物風土記最新6

笠原 秋水さん(本名:笠原登)

「秋水書道会」を主宰する

笠原 秋水さん(本名:笠原登)

高石在住 85歳

10月15日号

吉田 善成さん

9月10日付で麻生警察署長に就任した

吉田 善成さん

千代ヶ丘在住 54歳

10月8日号

鈴木 洋さん

麻生安全運転管理者会の会長を務める

鈴木 洋さん

王禅寺東在住 60歳

9月24日号

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

王禅寺東出身 47歳

9月17日号

田澤 梓さん

管理栄養士で、子育て相談サロン「ままカフェしんゆり」代表を務める

田澤 梓さん

王禅寺西在住 41歳

9月10日号

児嶋 脩(ひさし)さん

麻生区クールアース推進委員会の委員長を務める

児嶋 脩(ひさし)さん

千代ヶ丘在住 82歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ヤマユリの植え替え実演

ヤマユリの植え替え実演

11月10日 麻生市民館で

11月10日~11月10日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook