麻生区版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

岡上分館長としてまちづくりに尽力する 中村 一真さん 幸区在住 52歳

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena

「地域コミュニティの拠点に」

 ○…麻生市民館の分館である岡上分館の館長に、今年4月に就任した。「岡上は自然が多く残っていて、閑静で非常に環境のいいところ。分館を地域コミュニティ創造の場にしていきたい」と意気込みを語る。岡上にやって来て感じたまちや人々の印象は、顔なじみの人が非常に多いということ。「分館のことも、私よりも利用者のみなさまの方がよく知っている」と謙遜する。

 ○…横浜市に生まれ、川崎市幸区で育った。大学在学中から川崎市職員となり、川崎北部市場、緑ヶ丘霊園事務所、高津区役所地域振興課、宮前区役所区民課など、これまで幅広く、多くの職場を経験してきた。特に高津区地域振興課では、地元の町会、自治会との連携を行っており、岡上でもその手腕に期待がかかる。「地域振興課の時より、分館ではより多くの地元の方と、直接顔を合わせることになると思うので、楽しみ」と語る。

 ○…子どもの頃から過ごしている幸区日吉地区の風景は、岡上の自然風景と重なる。幼い頃は田んぼでザリガニ獲りやセミ獲りをして遊んでいた。現在も趣味は園芸で、夏みかんやゆず、桃、ぶどう、さくらんぼなどを自宅の庭で育てているという。「将来の枝ぶりを想像して、剪定していくのが面白い」と微笑む。岡上分館でも育てている野菜を利用者へ提供することがあり、その様子を温かく見守っている。

 ○…地域の団体やサークルが利用する岡上分館は近年、若者の利用者減が課題であったが、「ここ最近は、三味線の団体だけでなく、軽音楽やジャズ、演劇など若い世代の利用も増えてきた」と語る。市民が企画提案し、分館と協働で行う市民自主学級・企画事業もあり、「多くの方に、積極的に企画を提案していただきたい」と呼びかける。「地域の人々、小学校や大学、施設とも連携し、岡上分館を拠点に、地域密着でまちを活性化させていきたい」と語った。

麻生区版の人物風土記最新6

矢野 淳一さん

阪神・淡路大震災でのボランティアをきっかけに地域防災に取り組む

矢野 淳一さん

高石在住 66歳

1月17日号

草壁 悟朗さん

川崎商工会議所の会頭に昨年11月就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

1月10日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月1日号

田中 隆さん

レストランあさおで月1回提供する地元食材ランチのメニューを考案する

田中 隆さん

多摩区在住 69歳

12月13日号

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

12月9日開催の昭和音楽大学生による企画制作公演を立案した

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

王禅寺東在住 23歳

12月6日号

鈴木 武夫さん

12月8日に開催する合唱フェスタを主催する麻生区合唱連盟の会長を務める

鈴木 武夫さん

下麻生在住 73歳

11月29日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

栗平在住 73歳

11月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク