麻生区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

新型ノロウイルス流行か 川崎市が変異体を発見

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
10年間の感染性胃腸炎の患者数(ロタウイルスなども一部含む)
10年間の感染性胃腸炎の患者数(ロタウイルスなども一部含む)

 今年の冬に新型のノロウイルスが大流行する可能性があるとして、川崎市が市民に注意を呼び掛けている。昨年3月に市が発見した新型ウイルスが主流種になる可能性があるため。高齢者や乳幼児だけでなく幅広い年代で感染が広がる恐れもあるという。

 ノロウイルスは、冬場に患者数が増える感染性胃腸炎の一種。高齢者や乳幼児を中心に激しい嘔吐や下痢を引き起こす。通常は症状が1日から2日続いて回復するが、まれに重症化し、死亡に至るケースもある。

 近年の主流のウイルス型は「GII・4」だったが、川崎市の研究チームが昨年3月に変異体を発見した。国立感染症研究所などと共同でさらに詳しい調査・検査を進めた結果、新種ウイルス「GII・17」と断定した。

 ノロウイルスは遺伝の変異をおこしやすく、新種が生まれやすいといわれている。新型に対する免疫がないため、高齢者や乳幼児だけでなく、抵抗力の落ちた大人にも感染が広がる恐れがあるという。2006年にノロウイルスが大流行した際も「GII・4」が初めて主流になった年だった。

 市によると、今年1月から同新種の感染者が増え始め、流行期間を過ぎた1月末頃からは全ての患者がこの「GII・17」になっていたという。こうした要因があることから、市はシーズンを前に、市民に注意を呼びかけた。

 健康安全研究所の担当者は「大流行というのはあくまでも可能性の一部。主流種になるのが遅い場合も過去にはあったが、流行する可能性はあるだけに注意は必要。手洗いなど、ごく当たり前のことが最も有効な予防手段になるので今から習慣づけを行い、対策を徹底してほしい」と話している。

麻生区版のローカルニュース最新6

冬の星空観望会

冬の星空観望会 社会

2月1日 開催

1月24日号

碁盤を囲み国際交流

碁盤を囲み国際交流 文化

日中小学生ら区内で対局

1月24日号

「市民防犯」の鍵はあいさつ

「市民防犯」の鍵はあいさつ 社会

区役所でパトロール研修

1月24日号

創意工夫の作品を展示

医療を学ぶ地域向け講座

医療を学ぶ地域向け講座 教育

新百合ヶ丘総合病院で

1月24日号

「口から健康長寿を」

「口から健康長寿を」 社会

市歯科医師会が賀詞交歓会

1月24日号

保険の請求 財団が代行

全国初

保険の請求 財団が代行 社会

実証実験 生保16社に拡大へ

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

    1月24日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

    1月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク