麻生区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

麻生警察署管内 止まらない振り込め詐欺 被害額 既に昨年の2倍超

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
被害状況を即座に配信する取り組みも本格化
被害状況を即座に配信する取り組みも本格化

 県内の振り込め詐欺被害が昨年比で減少する中、麻生区は既に件数、被害額共に昨年1年間を上回るなど変わらず猛威を振るっている。警察や行政、地域団体などが連携して対策強化に乗り出しているが、住民の意識向上や協力体制の構築も不可欠な状況だ。

 神奈川県警が発表している8月までの振り込め詐欺の状況をみると、2015年は発生認知件数587件で、被害額は17億4475万円。昨年の同時期が認知件数1078件、被害額32億324万円なので、ほぼ半減している。

 これに対し麻生警察署管内では、今年9月18日現在の被害状況は認知件数20件で被害額が約6600万円。昨年1年間の認知件数16件、被害額3200万円を既に超えている。主に高齢者や富裕層が集中的に狙われており、現在捜査中の件を含めると被害額は1億円に迫る状況だという。

 手口の巧妙化などにより、銀行窓口対応だけでは防ぐことの出来ない事件も多いことから、8月に区役所や警察、防犯協会、銀行、町会連合会、大型商業施設が「振込め詐欺等対策協議会」を設立。広報啓発などをそれぞれの立場で実施している。

 同協議会では迅速な防止策を住民に提供しようと、区役所などが防犯と防災等の情報を配信している「セーフティメール」を活用し、被害情報等の通知を本格化させた。被害発生や不審電話に関する情報を即座に提供することで注意喚起を促すのが目的だ。関係者は「現在の登録は3700件ほどだが、より多くの人に登録して頂き、区民全員で被害を防いでいく気運を高めたい」と話す。セーフティメール登録については区役所危機管理担当(【電話】044・965・5372)へ問合せを。登録は麻生警察署窓口などでも対応している。不審な電話を受けた際は110番か麻生警察署(【電話】044・951・0110)への連絡も呼びかけている。

麻生区版のトップニュース最新6

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

農家の果実酒醸造 解禁へ

農家の果実酒醸造 解禁へ 経済

市、県内初の特区を申請

1月24日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域の将来 語る場創出

麻生区

地域の将来 語る場創出 社会

初回会議 1月末に開催

1月17日号

将来見据えた地域づくり

多田区長インタビュー

将来見据えた地域づくり 社会

コミュニティ構築に重点

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

先読む力 令和に開花

片平小4年福田佳朋君

先読む力 令和に開花 文化

囲碁全国大会 3度目出場

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

    1月24日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

    1月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク