麻生区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

人口動態統計速報 出生増加率全国トップ 今年上半期で川崎市

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 厚生労働省の人口動態統計速報の今年上半期(1月〜6月)データが先ごろ公表され、全国の地域別の出生数で、川崎市が対前年比6・8%増と一番高い増加率だった。

 人口動態統計は、出生、死亡、婚姻、離婚および死産の各事象について、各種届出書等から集計したもの。速報の出生数には日本で生まれた外国人の赤ちゃんも含まれている。

 速報によると、今年上半期の全国の出生数は、50万8802人。昨年同期の49万6391人から2・5%増。2011年から連続で前年を下回っていたが、5年ぶりの増加となった。

 また、増加率を地域別でみると、川崎市が6・8%とトップで、以下岡山市(6・7%)、東京23区・名古屋市(いずれも5・7%)と、都市部での増加が目立った。

 近年同期の川崎市の出生数の推移は、2011年6361人(対前年20人増)、12年6295人(66人減)、13年6309人(14人増)、14年6296人(53人減)で、今年427人増の6683人と一気に増えた。

 理由について市統計情報課は、「一概には言えないが、川崎市は全国平均と比べても高齢化がそれほど進んでおらず出産する年齢世代が多いという人口構成的な要因によるものではないか」と話している。

 全国の出生数が下半期(7月〜12月)も同じようなペースで推移すれば、2010年以来5年ぶりに前年を上回る可能性がある。

麻生区版のローカルニュース最新6

片平、五月台を散策

片平、五月台を散策 スポーツ

健康ウォーク11月再開

10月30日号

店巡りお菓子ゲット

店巡りお菓子ゲット 社会

しんゆりでスタンプラリー

10月30日号

ひきこもりの背景とは

ひきこもりの背景とは 文化

精神科医が解説

10月30日号

初リサイタル、高津で

「川崎の歌姫」桜井純恵さん

初リサイタル、高津で 社会

10月30日号

今年は「黄金と誕生石」

今年は「黄金と誕生石」 社会

よみうりランド イルミ始動

10月30日号

マイナー文房具など紹介

(株)有隣堂

マイナー文房具など紹介 文化

YouTubeで公開中

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多彩な菊がお目見え

多彩な菊がお目見え

11月2日から 市民館

11月2日~11月14日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク