麻生区版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

田園調布学園大 全国「大学自慢」で初優勝 地域連携、復興支援に評価

教育

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena
優勝に喜ぶ田園調布学園大の出場者
優勝に喜ぶ田園調布学園大の出場者

 田園調布学園大学(麻生区東百合丘)はこのほど、全国から9大学が集い地域活動をテーマに発表し合う「第9回大学人サミット信州・まつもとカレッジ2015」の「大学自慢コンテスト」で初優勝を果たした。同大学が行ってきた麻生区と連携しての地域活動や、被災地への復興支援活動などが評価された。

 11月7日・8日の2日間に渡り、松本大学(長野県)で行われた今大会のテーマは、「地域の地域による、地域のための、大学人サミット」。全国から桜美林大学や弘前大学などの9大学、関係者約140人が参加し開催された。

 田園調布学園大は教員・職員・学生のチームで2回目の出場。前回出場時は準優勝の成績をおさめていた。メーンイベントであるプレゼン形式の「大学自慢コンテスト」では、地域の子どもたちが仮想のまちをつくり、仕事体験や社会のしくみを学ぶイベント「ミニたまゆり」や、麻生区と連携して行ってきたイベント型の子育て支援プログラム「けろけろ田園チャイルド」、福島県いわき市を訪れ、東日本大震災の被災者を元気づけ、地域の人同士のつながりをサポートする「DCU被災地復興支援活動」などを発表。特に被災地復興支援活動は、学生の声から実現した取り組みであることも、高評価につながったという。

 被災地復興支援活動で学生リーダーを務め、同サミットに参加した同大学3年の堤見彩香さんは「いわき市の方々の『忘れないでほしい』という思いをつなぐことができたのでは。優勝に感謝し、今後の活動に取り組みたい」としている。

 同大学の番匠一雅准教授は「コツコツと長くやってきた地域貢献活動が外部から評価され、嬉しい」と語った。

 また、同大学は来年秋、キャンパス内に地域交流施設「なでしこホール」を開設する予定。大学と地域の人々、団体などが交流するいこいの場として、さらなる地域連携の強化を図っていく。

麻生区版のトップニュース最新6

活動の場広げ20年

芸術のまちコンサート

活動の場広げ20年 文化

来月で演奏会145回目

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

読響と協力しコンサート

はるひ野町内会

読響と協力しコンサート 社会

会場とオンラインで初開催

11月13日号

年内にワイン醸造開始

農業法人カルナエスト

年内にワイン醸造開始 経済

特区認定受け、免許取得

11月13日号

黒板アートで全国1位

金程中美術部

黒板アートで全国1位 文化

同校から2年連続

11月6日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク