麻生区版 掲載号:2015年12月4日号 エリアトップへ

育った大豆を収穫 岡上小と地域企業の連携

文化

掲載号:2015年12月4日号

  • LINE
  • hatena
賑やかに催された大豆の収穫作業
賑やかに催された大豆の収穫作業

 川崎市立岡上小学校の3年生児童約50人が11月27日、総合的な学習の時間の一環として、同小が管理する畑で育った大豆の収穫作業を行った。

 これは岡上地域で納豆の製造、販売などを手がける株式会社カジノヤ(梶俊夫代表取締役)が、同小3年生を対象に実施している取り組み。納豆の原料である大豆の栽培や収穫体験を通じた食育活動を行うことで地域に貢献していくことが目的だ。

 今年7月上旬、同小正門前の畑約16・5平方メートルで同社スタッフの指導で児童が大豆を植え、その後は観察や草取りなどが行われていた。

 収穫の日を迎えたこの日は、在来種である中粒「津久井大豆」の生育した苗が約50人の児童によって手際よく引き抜かれ、さやをもいで行った。児童たちは同社スタッフから大豆に関する話や収穫方法などを聞きながら、一緒になって作業を行っていった。

 参加した梶光則常務取締役は「岡上の地域だからこそ続けられる行事だと思います。食育の活動ということが前提ではありますが、この大豆が納豆になる不思議な感覚や、育てて収穫する一連の作業を楽しんでもらえたら嬉しい。地域企業として食の大切さを伝えていきたい」と話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6

箏の楽しさ教える

箏の楽しさ教える 文化

「三曲あさお」講習会

3月27日号

ワイン特区に決定

市北部

ワイン特区に決定 文化

「かわさきそだち」国が認定

3月27日号

サクラ満開

サクラ満開 社会

3月27日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・尺八の体験会

箏・尺八の体験会

4月、小中学生が対象

4月4日~4月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク