麻生区版 掲載号:2015年12月4日号 エリアトップへ

市議会定例会 組織改編など51議案審議 「新たな総合計画」軸に

社会

掲載号:2015年12月4日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市議会の第5回定例会が11月26日に開会した。上程された議案は総合計画にかかわる市の基本構想や基本計画、組織改編、市職員の給与改定など条例16件、補正予算3件など計51件。会期は12月21日(月)まで。

 議会に臨む議員からは「市民の生活に直接かかわる議案も審議することになる。重要な議会ととらえている」との声が聞こえてくる。

火葬料の値上げ

 市民生活に影響があるのは、来年2016年4月1日からの火葬料金の値上げだ。12歳以上の市内在住者3000円を4500円に引き上げるというもの。市外の利用者(12歳以上)は3万円から6万円になる。

 現在、北部斎苑の改修工事が実施されており、これに伴う値上げとしている。大規模工事の終了後(2017年度末を予定)の再度見直しも示唆している。

基本構想・基本計画

 今後の市政運営の礎となる「新たな総合計画」。任期折り返しを迎えた福田紀彦市長が初めて手掛ける総合計画は、2016年度のスタートをめざして策定作業が進められている。

 この総合計画の上位に位置づけられている基本構想(30年)と基本計画(10年)が審議される。定例会での議案審議に先立ち、議会は初となる連合審査会を11月13日に実施。総務委員会と市民委員会の2つの委員会で総合計画にかかわる内容を審査している。

組織改編

 福田市長は11月19日に開かれた定例記者会見で「総合計画を執行するための手段として来年4月に組織改編を実施する」とコメントした。市長肝いりの政策である子ども・子育て関連の施策を推進するために「こども未来局」を設置。また臨海部の発展のために「臨海部国際戦略本部」を設置する議案を提出した。このほか組織改編関連としては、保健所の再編整備にも着手。7区にある保健所を川崎市保健所として一つに集約し、各区には支所を設置する案だ。

 このほか、市職員の給与とボーナスの増加に伴う補正予算案、約7億3千万円なども計上した。

 各会派による代表質問は7日(自民、公明)、8日(民主みらい、共産)。一般質問は16日〜21日(土日除く)に行われる。

麻生区版のローカルニュース最新6

弥生の麻生まっ白に

弥生の麻生まっ白に 社会

満開のサクラもブルブル

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

地元の宝守ろう

地元の宝守ろう 社会

 町内会 麻生川沿いで清掃

4月3日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク