麻生区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

区民会議 区の魅力 ブランド化審議 空き家利活用もテーマに

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 行政と区民が協働で地域の課題解決に向けた取り組みを審議し、区に提言する「第5期麻生区区民会議」の「若い世代が住みやすいまちづくり部会」は現在、区の魅力のブランド化とPRや、空き家の利活用について審議を重ねている。アンケート結果などを踏まえ、委員らが具体策などを検討していく方針だ。

 同部会では昨年開催された「あさお子育てフェスタ」の来場者を対象に、「子育て世代を呼び込むために、麻生区の魅力の中で何をPRしたらよいか」のアンケートを行った。結果、「緑が多い(自然環境が豊か)」が最も高い割合の45・5%、次いで「治安がよい」が42・9%と、高い割合を占めたが、「芸術のまち」は10・8%にとどまっている。

 この結果を受け、区の魅力のブランド化とPRをテーマに行われた審議では、委員から「芸術のまちについて若い世代にはなかなか浸透していない。若い人が芸術にふれる機会を増やしていく必要がある」という意見や、「芸術のまち麻生のPRが足りていない」という意見などが出ている。今後、区がもっている魅力に磨きをかけることや周知について、幅広く意見を集めながら具体策を見出していくという。

 また、同部会では空き家の利活用についての審議も行われている。区内王禅寺東などでは1975年ごろに開発された住宅に住む人の高齢化が進み、空き家が増えてきていることがテーマに選ばれた理由の一つ。現在、不動産団体との意見交換、区内大学でのヒアリングを行っており、さらに調査を進め、さまざまな角度から区に空き家の利活用を提案していく考えだ。

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動6年ぶり減少

麻生区

救急出動6年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月22日号

百年超の風物詩も断念

ダルマ市

百年超の風物詩も断念 文化

関係者「苦渋の決断」

1月22日号

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク