麻生区版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

2月23日 「工場夜景の日」に制定 川崎での初開催にちなみ

文化

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena
観光名物に定着しつつある川崎の工場夜景
観光名物に定着しつつある川崎の工場夜景

 川崎市で初めてサミットが開かれた日にちなんで、2月23日を「工場夜景の日」に――。川崎市など工業地帯を擁する全国7都市がこのほど、こんな記念日を(一社)日本記念日協会に申請し、認定された。観光資源として工場夜景の認知度がアップし、地域活性化につながると関係者が期待を寄せている。

 「美しさを観賞し、工場から出る音を聞き、独特の空気を感じる。五感で楽しむ新しい観光の形だ」と話すのは、川崎市の工場夜景ブームの火付け役で「全国工場夜景サミット」の仕掛け人でもある川崎市観光協会観光推進部長の亀山安之さん。

 サミットは2011年に川崎市、室蘭市(北海道)、北九州市(福岡県)、四日市市(三重県)の4都市が連携して発足した。現在は周南市(山口県)、尼崎市(兵庫県)、富士市(静岡県)が加わり7都市で構成され、毎年1回行われている。

 先月22日に開かれた第6回サミットで「年1回のサミット以外にも工場夜景にまつわる日を」と尼崎市が提唱し、全会一致で採択された。第1回サミットが11年2月23日に川崎市で開催されたことから、この日が選ばれた。

 川崎の工場夜景人気は、旅行会社がツアーやクルーズを企画するとすぐに完売するケースがあるほど。被写体としての人気も高く、「工場夜景・美の祭典―フォトコンテスト2015―」には1197点の応募があった。建ち並ぶ工場が夜空に浮かぶ姿に魅せられた人が各地で撮影会を行うことも数多い。

 亀山さんは「工場夜景を楽しんでくれるお客さんがいるからこそ、ここまでのマーケットに成長した。記念日として定められたことでより身近に感じてもらえるようになるのでは」と話している。今後、全国10都市に拡大したい考えで、スタンプラリーなど都市間で行き来する仕掛けを検討したいという。

 市観光協会では3月16日に開催するイベントの中で、市民や工場夜景ファンに今回認定された「工場夜景の日」を発表する。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

区民と一緒にまちづくりを

三瓶新区長インタビュー

区民と一緒にまちづくりを 社会

新型コロナ・災害対応など語る

4月9日号

2年ぶりに区民講師講座

2年ぶりに区民講師講座 社会

1回目は「インスタ」活用法

4月9日号

声に出す楽しさ体験

声に出す楽しさ体験 文化

講座「初めての朗読」

4月9日号

特技を地域で発表

特技を地域で発表 社会

登録者募集中

4月9日号

公共施設に給水スポット

公共施設に給水スポット 社会

市、マイボトル普及へ

4月9日号

はんこ廃止、4月から

川崎市

はんこ廃止、4月から 社会

オンライン化推進で

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

黒川で「ピザ焼き体験」

黒川で「ピザ焼き体験」

GWに野外活動センターで

5月3日~5月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter