麻生区版 掲載号:2016年3月11日号
  • googleplus
  • LINE

硬式野球麻生ボーイズ 初の全国へチーム一丸 「まずは初戦突破めざす」

スポーツ

市長を表敬訪問した麻生ボーイズの選手たち
市長を表敬訪問した麻生ボーイズの選手たち
 麻生区などの中学生を中心とした硬式野球クラブチーム「麻生ボーイズ」が、3月26日(土)から行われる「第46回日本少年野球春季全国大会」に神奈川県代表として初出場する。2日には、同チームが福田紀彦川崎市長を表敬訪問し、活躍を誓った。

 麻生ボーイズは、県内33チームが出場した昨秋の支部予選で準優勝し、優勝チームの湘南ボーイズとともに県代表として初の「春の全国」に挑む。

 麻生ボーイズの奥村剛監督は支部予選を「チームの総合力、全員野球で勝ち取った」と振り返る。チームは1戦1戦試合をこなすごとに成長し、準々決勝でサヨナラ勝ちをおさめるなど一丸となり支部予選を勝ち上がっていったという。

 2日に行われた市長への表敬訪問でも善波力(よしなみつとむ)主将(綾瀬市城山中2年)が「ベンチの雰囲気が1つにまとまり、打線もつながっていった」と語った。福田市長は「新たな歴史を作っていただいた。全国では、練習や努力の成果をいかんなく発揮してほしい」と激励した。

「守りからリズムつくり勝機を」

 チームが得意とするのは、エース菊地淳之介投手(はるひ野中2年)・主将の善波捕手などバッテリーを中心とした守りでリズムをつくり、攻撃につなげていく野球。この冬の間、課題の攻撃力アップにも取り組んできた。奥村監督は「全国でも守備でリズムをつくり、勝機を見出していきたい。まずは、初戦突破をめざし、1試合でも多く経験させてもらえれば」と話す。善波主将は「一戦必勝で頑張っていきたい」と語った。

 麻生ボーイズは新体制となり3年目のチーム。前身のチームでは、元読売巨人軍の桑田真澄さんが会長を務めていた。今オフ、千葉ロッテマリーンズにドラフト2位で入団した関谷亮太投手らを輩出している。

 全国大会は26日から保土ヶ谷球場や都内の大田スタジアムなどで開催される。

麻生区版のトップニュース最新6件

新型水位計、導入を検討

川崎市

新型水位計、導入を検討

8月24日号

ヒマワリ10万本を活用

早野地区

ヒマワリ10万本を活用

8月24日号

新まちづくり集会が始動

川崎市

新まちづくり集会が始動

8月17日号

「高齢者同士楽しい時間を」

「街知って」大家さん仕掛け

新城溝口

「街知って」大家さん仕掛け

8月10日号

収支額、約2億円黒字に

市一般会計決算見込み

収支額、約2億円黒字に

8月10日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク