麻生区版 掲載号:2016年3月18日号 エリアトップへ

会派超えた作品一堂に 21ホールで恒例美術展

文化

掲載号:2016年3月18日号

  • LINE
  • hatena
12日には作家による作品解説が行われ、多くの人が集まった
12日には作家による作品解説が行われ、多くの人が集まった

 麻生区美術家協会と麻生区文化協会、川崎市文化財団などによる「アルテリッカ新ゆり美術展」が3月7日から13日まで新百合21ホールで開催された。

 今年で8回目となった同展は絵画や書、写真、生け花など力作約50点が展示された。同展の実行委員長であり、作品を出展した洋画家の佐藤勝昭さんは「今年も様々な会派を超えてバラエティ豊かな作品が揃った。今後も美術展を通じて、地域には優れた作家がいるということを発信していきたい」と話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6

東京2020に「川崎愛」

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん

東京2020に「川崎愛」 スポーツ

「算数ドリル」、次の一手も

5月17日号

出会い糧に人生4幕目へ

出会い糧に人生4幕目へ 文化

加藤登紀子さんインタビュー

5月17日号

黒川駅前に新拠点

小田急グループ

黒川駅前に新拠点 社会

郊外での「職住近接」を提案

5月17日号

畑で学ぶ「地域デザイン」

和光大生

畑で学ぶ「地域デザイン」 教育

岡上でサツマイモ植え

5月17日号

キャラ弁巡る母娘の交流

キャラ弁巡る母娘の交流 文化

試写会に25組50人を招待

5月17日号

障害児の気持ちを体験

障害児の気持ちを体験 社会

ボランティア養成講座

5月17日号

認知症の母との絆 冊子に

稲城市伊藤千賀子さん

認知症の母との絆 冊子に 社会

希望者に配布中

5月17日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク