麻生区版 掲載号:2016年3月18日号 エリアトップへ

柿生郷土史料館タイアップ企画 柿生文化を読む 第76回 小沢城 後編文:小島一也(遺稿)

掲載号:2016年3月18日号

  • LINE
  • hatena

 多摩区菅から稲城市矢野口にわたる地域にあった山城「小沢城」は鎌倉・室町の時代、戦国の憂き目に遭ってきた。

【前回から続く】

 この時期、小沢城を含むこの地方の被害はこれだけでは済みませんでした。そのわずか17年後の正平六年(1351)、足利尊氏、直義兄弟の不和は足利幕府内紛の戦となります。征夷大将軍となった尊氏は室町幕府を樹立、鎌倉には東国の押さえとして鎌倉公方を置きますが、義直は鎌倉にあってこの地方を領有、小沢城に軍勢を集めていましたが、尊氏の直義攻めに関東の多くの武士は尊氏に味方し、多摩川を渡り府中に押し出た直義を打破、小沢城、関戸城(小沢の属域)を焼き払ったと伝承されています。この時尊氏が鎌倉に直義を攻めた戦道が尊氏伝承道です。この戦では小沢郷、麻生郷の全域が戦塵を浴びているようです。

 直義は死に尊氏も没し、鎌倉公方は在るものの幕府は京都に移り、南北朝の争いは遠い都でのこと。この地方は再び安穏な年月に戻ります。王禅寺の等海上人の禅寺丸柿奨勧が応安三年(1370)。下麻生木賊不動の建立が応永七年(1400)。以前に紹介した麻生の寺院シリーズで述べたように、農民の間に浸透した新しい仏教思想が、この地方に多くの寺院を生み出したのもこの頃でした。

しかし、その平和な安穏は何年も続きませんでした。尊氏が残した鎌倉公方という置き土産は、関東管領を争う動乱となり、再々度小沢城を戦禍の中に巻き込んでしまいます。

 参考文献:「菅町会60年記念誌」「川崎市史」「川崎地名辞典(下)」

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

5月17日号

あさおマンスリー

5月 May

あさおマンスリー

麻生区長  多田貴栄

4月26日号

歯ウ・トゥ・ケア

ホワイトファミリーつつみ先生の

歯ウ・トゥ・ケア

How To Care vol.13Yホルダフロス活用で一歩進んだ「隣接面ケア」

4月26日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第148回 シリーズ「麻生の歴史を探る」法塔様―武相お召講― 後編

4月19日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

第147回 シリーズ「麻生の歴史を探る」法塔様―武相お召講― 前編

4月12日号

歯ウ・トゥ・ケア

ホワイトファミリーつつみ先生の

歯ウ・トゥ・ケア

How To Care vol.12なぜYホルダフロスをおすすめするの?

3月29日号

あさおマンスリー

4月 April

あさおマンスリー

麻生区長  多田貴栄

3月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク