麻生区版 掲載号:2016年4月1日号 エリアトップへ

川崎市地域包括ケア 各区に「みまもりセンター」 きょう 新部署設置

社会

掲載号:2016年4月1日号

  • LINE
  • hatena
地域包括ケアシステムの構図
地域包括ケアシステムの構図

 子どもから高齢者・障害者までを対象とする「地域包括ケアシステム」を推進するため、川崎市は新部署「地域みまもり支援センター」を今日1日、市内各区役所に設置する。関係部署を集約し、連携を強化。自助や助け合いを促進し、地域包括ケアシステムの構築を図る。

 地域包括ケアシステムとは、子どもから高齢者・障害者までのすべての地域住民が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう、自助・互助・共助・公助の適切な役割分担のもと、医療・介護・福祉・生活支援などが切れ目なく、一体的に行われる体制づくり。同システムの構築は、国の方針として団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年を目処に全国の自治体が取り組んでいる。

 地域みまもり支援センター内には、▽保健師と社会福祉職などの専門職が関係部署や地域の関係機関・団体などと連携しながら個別支援の強化などに取り組む「地域支援担当」、▽地域の福祉団体などと連携し、各区の実情を踏まえたシステムの構築に向けた企画・調整、区地域福祉計画の策定・推進などを行う「地域ケア推進担当」、▽保育所・学校と地域との連携により、支援が必要な家庭や子どもに関する情報共有や対応の強化に取り組む「保育所等・地域連携」「学校・地域連携」が設置される。「地域支援担当」では母子健康手帳や乳幼児健診、子ども・子育て相談、健康づくり、介護予防など、「地域ケア推進担当」では民生委員児童委員、保護司会などの担当窓口も担う。

 市地域包括ケア推進室は「各分野の部署を地域みまもり支援センターに集約し、横のつながり、連携を深め、さまざまな課題に取り組んでいく」としている。問合せは同推進室(【電話】044・200・0474)。

麻生区版のトップニュース最新6

自治会用SNSを試行

川崎市・小田急電鉄

自治会用SNSを試行 社会

区内5団体 10月末まで

5月13日号

区内医師「意識変化に期待」

不妊治療保険適用拡大

区内医師「意識変化に期待」 社会

4月から 専門家への相談増

5月13日号

県ゴルフ大会で優勝

下麻生在住西田さん

県ゴルフ大会で優勝 スポーツ

70歳以上の部 最多3度目

5月6日号

2団体が国交大臣表彰

2団体が国交大臣表彰 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月6日号

政策コンテストで優勝

区内在住溝口さんら

政策コンテストで優勝 社会

子どもの進路等、AI活用

4月29日号

「校庭開放」モデル校設置へ

「校庭開放」モデル校設置へ 教育

市立小、全校実施めざし

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約250種のバラ、可憐に

約250種のバラ、可憐に

「ローズオカガミ」22日まで

5月12日~5月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook