麻生区版 掲載号:2016年4月15日号 エリアトップへ

百合丘在住飛永かの子さん 地元発ビールを考案 地域の活気作り目指し

文化

掲載号:2016年4月15日号

  • LINE
  • hatena
リリィスタウトを手にする飛永さん
リリィスタウトを手にする飛永さん

 百合丘の住宅地に4月8日、地元在住の主婦がクラフトビールや日本ワインなどを取り扱う「Kanoco BEER&MARCHE」をオープンした。併せて発表したのが、ユリの名を冠したオリジナルビール「LILY STOUT」(リリィスタウト)だ。

 同店をオープンしたのは地元在住の飛永かの子さん(46)。ご当地商品として「素敵な1日を!」をコンセプトに作ったリリィスタウトは、モルトのコクや香りに加え、スパイシーさとバニラのほのかな香りが含まれたオリジナルレシピのビールだ。昨年9月に飛永さんが茨城県の酒造メーカーに出向いて配合を考え、長野県で約1200本を生産した。「ラベルをデザイナーさんにお願いすることなども自分でやったので、一つの商品を世に出すことがこんなに大変なのかと思いました」。女性らしい手書きイラスト風の白鳥とLILY(ユリ)を商品名に付けたビールは昨年末にデザインもまとまり、酒販免許の取得などを経て今春の商品化にこぎつけた。

自分が出来ることで貢献を

 5年前に夫婦で百合丘に引っ越してきたタイミングで会社員を辞めて主婦になった飛永さん。「百合丘は暮らすのにとても良い街ですが、マンション住まいだったこともあり、人との交流が少なくなってしまいました。改めて社会と繋がって地域の活気作りに何か貢献していきたい」との思いから店舗運営を思い立った。

 これまでにワインやチーズに関する資格を取得し、武蔵小杉の生涯学習施設でワインセミナーを開講していた飛永さん。「ワインだとブドウの生産からやらないといけないので、ここで出来ること、自分が出来ることを考えてビールを選びました」ときっかけを振り返る。

 リリィスタウトは現在、地元の飲食店などに卸してはいるが販売は飛永さんの店舗のみ。夏には爽やかさを考えた第2弾ビールも検討中だという。「近所の人の交流の場としてお店が成長して、百合丘発のビールも広まっていけば」と飛永さんは話している。商品に関する問合わせは同店(百合丘3の24の36の101・【電話】044・712・3088)へ。

第1弾では約1200本を作った
第1弾では約1200本を作った

麻生区版のトップニュース最新6

市内1,700店で始動

キャッシュレス決済還元

市内1,700店で始動 社会

市、観光活用へ導入促進

9月13日号

「福祉応援」の思い 麻生でも

王禅寺フリーマーケット

「福祉応援」の思い 麻生でも 文化

田園調布大で11月初開催

9月13日号

初の「英語」 親しみ重視

市立小教科書

初の「英語」 親しみ重視 教育

市、13教科採択 次年度から

9月6日号

B級イチゴでワイン

農業生産法人カルナエスト

B級イチゴでワイン 経済

「都市農業活性の一助に」

9月6日号

助成金低調、利用2割弱

川崎市ブロック塀撤去

助成金低調、利用2割弱 社会

制度の周知進まず

8月30日号

被災想定しカレー提供

障害者支援施設アルデンテ

被災想定しカレー提供 社会

備蓄食料で祭り継続出店

8月30日号

在宅シニアの集い1周年

在宅シニアの集い1周年 社会

延べ260人が参加

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ダッチオーブン講習会

ダッチオーブン講習会

野外料理研究家が講師

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第157回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 後編 文:小島一也(遺稿)

    9月13日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第156回 シリーズ「麻生の歴史を探る」禅寺丸柿誕生 前編 文:小島一也(遺稿)

    9月6日号

  • あさおマンスリー

    9月 September

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    9月6日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク