麻生区版 掲載号:2016年4月29日号 エリアトップへ

川崎市 DV専用電話窓口を開設 認知度上げ支援拡充

社会

掲載号:2016年4月29日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市はDV(ドメスティック・バイオレンス/配偶者などからの暴力)被害に関する専用の電話相談窓口を5月2日、開設する。課題となっていた窓口の認知度を上げ、支援の拡充を狙う。

 これまで市のDV相談は保健福祉センターや地区健康福祉ステーション、男女共同参画センター、人権オンブズパーソンなど複数の機関で対応していた。しかし、2014年度の市民へのアンケート調査によると、DV相談ができる窓口があることを知っている人は約3割と低く、DVの被害にあっていながら「誰にも相談しなかった」と答えた人が約6割を占め、市民の認知度の低さが浮き彫りになった。

 今回設置されるDV専用の電話相談窓口では、不明瞭な窓口を一本化することで周知しやすくするとともに、多岐に渡る相談内容に総合的に対応。必要な支援機関を紹介できる人員を配置した。

 同相談窓口の開設は昨年度策定された「DV防止・被害者支援基本計画」の一環。2019年度まで5年かけてDV防止や支援のための環境整備を進めている。今後は各機関と連携した早期発見の促進や、一時保護支援を充実させていく方針だ。

 13年度の市の調査では、過去10年間で最多となる1455件のDV相談があった。市担当者は「その後も増加している印象がある」と市内の現状を危惧し、「少しでも悩んでいることがあれば、気軽に相談してほしい」としている。

5月2日から対応

 5月2日に開設されるDV電話相談窓口の電話番号は044・200・0845。祝日、年末年始を除く月曜日から金曜日の午前9時30分〜午後4時30分に相談を受け付ける。

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動6年ぶり減少

麻生区

救急出動6年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月22日号

百年超の風物詩も断念

ダルマ市

百年超の風物詩も断念 文化

関係者「苦渋の決断」

1月22日号

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク