麻生区版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

和光大 街づくり団体と連携協定 学生参加で地域活性図る

社会

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena
調印式で協定書を交わす伊東達夫学長(左)と中島理事長
調印式で協定書を交わす伊東達夫学長(左)と中島理事長

 麻生区岡上などにキャンパスを構える和光大学は13日、一般財団法人川崎新都心街づくり財団と包括的連携・協力協定を結んだ。同財団はアートと食の祭典「しんゆりマルシェ」を主体運営するなど、新百合ヶ丘地区の街づくりに参加している。同大は地域活性化への貢献をめざし、学生の街づくりへの参加を通して、協力体制を深めていく考え。

 同大はこれまで地元の祭りへの協力、学生サークル「かわ道楽」による鶴見川の環境保全、地域連携の授業や市民講座の開催など、地域との結びつきに力を入れてきた。4月には地域連携研究センターを発足した。

 一方、川崎新都心街づくり財団は1986年、新百合ヶ丘地区の区画整理事業の完成時に設立。調査研究しながら、しんゆりの街づくりに参加してきた。一昨年からは地域の大学と連携し、事業主体となり、秋にアートと食の祭典「しんゆりマルシェ」を開催。第2回の昨年から、和光大の学生も運営などに携わった。

 同大の小林猛久地域連携センター長は「和光大は昨年50周年を迎え、今年また新たな舵取りとなる。各大学は今、社会貢献をどうしていくかが課題。学生が学びを実践の場で行い、地域に戻れば、地域創生につながると考えていたところだったので、今回、組織的に協力させて頂くことになった」と話す。

 同大は「しんゆりマルシェ」の企画・運営に携わるだけでなく、全学部学科の学生が参加できる共通教養の授業「タウンマネジメント」を立ち上げ、しんゆりの街がどのようにできたかなどを学び、「しんゆりマルシェ」への企画提案などを行う。経済学部経営学科の2年生全員は街づくりの基礎を学習。街づくり財団からの指導も予定している。

 同街づくり財団の中島眞一理事長は「学生の柔軟な発想でしんゆりマルシェは賑わいを見せた。大学、学生、地域の三方が成果をあげられるように切磋琢磨していきたい」と話した。

麻生区版のトップニュース最新6

動画で啓発 防災備蓄

有志団体リンクママ

動画で啓発 防災備蓄 社会

区内乳幼児の親向けに

10月30日号

区内に広がり深刻

ナラ枯れ被害

区内に広がり深刻 社会

有効な対策見い出せず

10月30日号

2人、1団体を表彰

区地域功労賞

2人、1団体を表彰 社会

長年の活動を評価

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

地域で守る文化遺産

柿生郷土史料館

地域で守る文化遺産 文化

来月、開館10周年

10月16日号

商業地の伸び鈍化

麻生区基準地価

商業地の伸び鈍化 経済

住宅地は1.4%のマイナス

10月16日号

エルミの感謝祭

10月23日から25日まで、カード会員さまだけのおトクな3日間

https://www.odakyu-sc.com/l-mylord/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多彩な菊がお目見え

多彩な菊がお目見え

11月2日から 市民館

11月2日~11月14日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク