麻生区版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

4月新設の麻生区「地域みまもり支援センター」担当部長を務める 木村 清二さん 平塚市在住 60歳

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

プロの意識で地域作りを

 ○…区役所の保健福祉、児童支援などに関する部署を再編し、今春新設された「地域みまもり支援センター」の担当部長。「麻生区は今後高齢化率の上昇が見込まれる地域。高齢者が生き生き暮らすことのできる基盤を区民主体で築いていくことで、健康寿命を延ばすお手伝いをしていきたい。『今日、用がある』という生きがいや行くところといった環境作りを皆で取り組んでいきたい」と意気込む。

 ○…幼少期から母子家庭で育ち、母親の背中を見て「社会に役立つ仕事に就きたい」という思いが芽生えていった。高校卒業後に川崎市の福祉事務所に入所して以来、介護保険など福祉関係の道を進んできた。今でも覚えているのは40代の頃、市立病院事務として勤務していた時の看護師からの一言。「働きずくめの看護師さんに声をかけたら『私たちはプロですから(この忙しさは)何でもありません』と言われました。自分は事務方のプロとして仕事をしているか、振り返るきっかけになりました」

 ○…現在は妻と2人の娘との4人暮らし。趣味は15年来の日曜大工。「朝から始めて、気づくと昼ご飯も食べずに夕方になっていることはよくありますね。さすがに最近は業務が忙しくてあまりやっていませんが」と笑うが、これまでに自宅和室をフローリングにリフォームしたり、知り合いの家の床の張替えなど、趣味の域を越えた作業もこなす。「普段は目に見えない業務なので、結果が見えてそして自分たちが使えることが楽しいんです」。

 ○…新たなセクションのトップとして考えているのは区民の幸せや利便性と、職員の働きやすい環境整備。「私たちが意識を統一して区民の皆様の中に入っていきたい。セルフケアのお手伝いという姿勢で地域の課題などを解決して、活力ある麻生区にしていきたい」。定年までの限られた時間でも「プロとして後悔したくない」という思いで総仕上げの1年に挑む。

麻生区版の人物風土記最新6

佐藤 季子さん

地域情報サイト「ロコっち 新百合ヶ丘」の編集長を務める

佐藤 季子さん

片平在住 44歳

10月30日号

安岡 卓治さん

25日から開催する「KAWASAKIしんゆり映画祭」の実行委員長を務める

安岡 卓治さん

日本映画大学教授 66歳

10月23日号

野島 保さん

黒川竹行燈(あんどん)の会の代表を務める

野島 保さん

黒川在住 78歳

10月16日号

佐藤 勝昭さん

麻生区文化祭(10/25〜)を主催する麻生区文化協会役員を務める

佐藤 勝昭さん

王禅寺西在住 78歳

10月9日号

越畑 幸作さん

黒川東芋堀会の代表を務める

越畑 幸作さん

黒川在住 73歳

10月2日号

横島 勝人さん

11月に麻生市民館で開催される、ベートーヴェン・メモリアル・オーケストラ特別演奏会で指揮する

横島 勝人さん

金程在住 56歳

9月25日号

エルミの感謝祭

10月23日から25日まで、カード会員さまだけのおトクな3日間

https://www.odakyu-sc.com/l-mylord/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多彩な菊がお目見え

多彩な菊がお目見え

11月2日から 市民館

11月2日~11月14日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク