麻生区版 掲載号:2016年6月17日号 エリアトップへ

芸術のまちコンサート 少年少女合唱団創設へ 学校・学年超え、歌でつなぐ

文化

掲載号:2016年6月17日号

  • LINE
  • hatena
今年1月の公演の様子
今年1月の公演の様子

 誰もが気軽に音楽を楽しめるようにと、市民が手作りで開催している「あさお芸術のまちコンサート」―。同コンサート推進委員会は来年1月に行われる新春公演に向け、少年少女合唱団を創設するため、現在、小学2年から中学3年の子どもを対象に団員を募集している。

 地元の音楽家や愛好家らで成る「あさお芸術のまちコンサート推進委員会」はこれまで、良質のホールで音楽を楽しむ「ユリホールコンサート」、世代や障害の有無を超えて楽しむ「ユニヴァーサルコンサート」、映像と音楽のコラボレーションを川崎市アートセンターで楽しめる「シネマ・サロンコンサート」などを区内で行ってきた。今年1月に開催した15周年公演では、初めて編成した児童合唱団などによる音楽物語「窓ぎわのトットちゃん」を披露。区内13校から参加した37人の子どもたちからは「管弦楽の伴奏は楽しかった」「他の学校の友達ができた」などの声が聞かれ、好評だったという。また、同推進委員会の丸山博子代表は「開催して終わりではなく、継続してやっていくべきだと思った。学校や学区、学年を超えて歌が好きな子が集まり、音楽によって、子どもたちの心を開放的に、豊かにしていきたいと思い、『あさお芸術のまち少年少女合唱団』をつくることにした」と語る。

プロの演奏家らも参加

 集まった団員たちは、来年1月7日に麻生市民館で行われる新春コンサート「忘れない〜明日に向かってSince 3・11」に向け、区内の音楽家らの指導を受けながら、練習を重ねていく。本番当日は、区内在住のプロの演奏家やその仲間が織りなす弦楽アンサンブルに乗せて、「花は咲く」や「ふるさと」、「地球のこども」などを歌う。

 丸山さんは「子どもらしく自然に歌わせたい。一つになって楽しんでもらえれば。また、音楽のまちである麻生区に住んでいてよかったと思ってもらえるようにしていきたい」と話す。

 公募の申込み締切は、6月27日必着。小学2年から中学3年の男女を対象とする。参加費有料。詳細・問合せは区役所地域振興課(【電話】044・965・5116)へ。

麻生区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋の歌声喫茶

秋の歌声喫茶

交流館やまゆりで26日

10月26日~10月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク