麻生区版 掲載号:2016年6月17日号 エリアトップへ

麻生菊花会の新会長に就任した 臼井 勉さん 金程在住 79歳

掲載号:2016年6月17日号

  • LINE
  • hatena

「愛好者同士の輪を大切に」

 ○…地域の菊の愛好家が集い、毎年秋に行われる展示会や講習会を通じて、会員の技術向上と親睦を図ろうと組織される「麻生菊花会」の新会長に就いた。「麻生菊花展ではここ数年、農林水産大臣賞や県知事賞といった賞を獲得するような質の高い作品を輩出しています。見に来た方々と会員の皆さんに喜んでもらえる会になっていけば」と笑顔で意気込みを語る。

 ○…5人兄弟の長男として、生まれ育った金程で農業を継いだ。菊の育成を始めたのは30年程前から。「近所の菊好きな方からいろいろ教えてもらいながら始めたんですが、当時はみんなで集まってお酒を飲んだりする方が楽しかったですね」と当時を懐かしむ。始めてから10年ほど経ち、5つの鉢を並べた菊を出品した展示会で大手新聞社賞と県知事賞を獲得、気持ちに火が点いた。「気候に左右されたり毎日の水遣りなど、菊は難しい部分もありますが、賞を貰ったことでもっと良いものを作りたくなりました。良い意味での競争意識みたいなのが生まれました」。今も畑で50鉢ほどの菊花を育てている。

 ○…38歳の時に父親が亡くなり「もっと自分がしっかりしなければ」という思いを込めてマラソンを始めた。多摩川沿いの月例マラソンは290カ月連続で出場中で目下の目標は300回出場で得られる参加無料権。「苦しい中でも満足感が得られるのが魅力。顔馴染みから『臼井さんが目標だ』なんて言われると続けないとな、って気持ちになります」

 ○…菊の育成技術向上に欠かせない要素の一つがコミュニケーションだという。「会員を増やしていくためにも、今いる仲間同士の輪を大事にしていきたい。自分だけ満足ということではなく、上手くいったことを伝え合えるような会にして全体のレベルを上げていきたいですね」。何事も継続が持ち味の新会長が、秋の菊花展成功と仲間の輪作りを目指していく。

麻生区版の人物風土記最新6

成田 真由美さん

パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

成田 真由美さん

多摩区在住 49歳

1月24日号

矢野 淳一さん

阪神・淡路大震災でのボランティアをきっかけに地域防災に取り組む

矢野 淳一さん

高石在住 66歳

1月17日号

草壁 悟朗さん

川崎商工会議所の会頭に昨年11月就任した

草壁 悟朗さん

幸区在住 66歳

1月10日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月1日号

田中 隆さん

レストランあさおで月1回提供する地元食材ランチのメニューを考案する

田中 隆さん

多摩区在住 69歳

12月13日号

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

12月9日開催の昭和音楽大学生による企画制作公演を立案した

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

王禅寺東在住 23歳

12月6日号

鈴木 武夫さん

12月8日に開催する合唱フェスタを主催する麻生区合唱連盟の会長を務める

鈴木 武夫さん

下麻生在住 73歳

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第165回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門後編 文:小島一也(遺稿)

    1月24日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第164回 シリーズ「麻生の歴史を探る」下綱騒動と志村弥五右衛門前編 文:小島一也(遺稿)

    1月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク