麻生区版 掲載号:2016年6月17日号 エリアトップへ

麻生菊花会の新会長に就任した 臼井 勉さん 金程在住 79歳

掲載号:2016年6月17日号

  • LINE
  • hatena

「愛好者同士の輪を大切に」

 ○…地域の菊の愛好家が集い、毎年秋に行われる展示会や講習会を通じて、会員の技術向上と親睦を図ろうと組織される「麻生菊花会」の新会長に就いた。「麻生菊花展ではここ数年、農林水産大臣賞や県知事賞といった賞を獲得するような質の高い作品を輩出しています。見に来た方々と会員の皆さんに喜んでもらえる会になっていけば」と笑顔で意気込みを語る。

 ○…5人兄弟の長男として、生まれ育った金程で農業を継いだ。菊の育成を始めたのは30年程前から。「近所の菊好きな方からいろいろ教えてもらいながら始めたんですが、当時はみんなで集まってお酒を飲んだりする方が楽しかったですね」と当時を懐かしむ。始めてから10年ほど経ち、5つの鉢を並べた菊を出品した展示会で大手新聞社賞と県知事賞を獲得、気持ちに火が点いた。「気候に左右されたり毎日の水遣りなど、菊は難しい部分もありますが、賞を貰ったことでもっと良いものを作りたくなりました。良い意味での競争意識みたいなのが生まれました」。今も畑で50鉢ほどの菊花を育てている。

 ○…38歳の時に父親が亡くなり「もっと自分がしっかりしなければ」という思いを込めてマラソンを始めた。多摩川沿いの月例マラソンは290カ月連続で出場中で目下の目標は300回出場で得られる参加無料権。「苦しい中でも満足感が得られるのが魅力。顔馴染みから『臼井さんが目標だ』なんて言われると続けないとな、って気持ちになります」

 ○…菊の育成技術向上に欠かせない要素の一つがコミュニケーションだという。「会員を増やしていくためにも、今いる仲間同士の輪を大事にしていきたい。自分だけ満足ということではなく、上手くいったことを伝え合えるような会にして全体のレベルを上げていきたいですね」。何事も継続が持ち味の新会長が、秋の菊花展成功と仲間の輪作りを目指していく。

麻生区版の人物風土記最新6

三輪 輝子さん

創作人形作家で7月25日から都内で個展を開催する

三輪 輝子さん

王禅寺西在住 71歳

7月19日号

成田 正弘さん

川崎白百合ライオンズクラブの2019-20年度会長を務める

成田 正弘さん

五力田在住 44歳

7月12日号

親松 明さん

2019-2020年度川崎麻生ロータリークラブ会長の

親松 明さん

早野在住 78歳

7月5日号

辻村 一男さん

7月に恩廻公園調節池の見学会を行う「CCあさお」代表の

辻村 一男さん

王禅寺西在住 77歳

6月28日号

米倉 日呂登(ひろと)さん

白山子ども図書館ほんの森で6月29日、父親の作品の朗読などを行う

米倉 日呂登(ひろと)さん

王禅寺西在住 60歳

6月21日号

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

イラストレーターとして6年ぶりとなる個展を都内で開催する

アリマ・ジュンコさん本名・森原順子

千代ヶ丘在住 70歳

6月14日号

中野 浩さん

桐光学園中学校・高等学校の校長に就任した

中野 浩さん

横浜市在住 61歳

6月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏祭りシーズン到来

夏祭りシーズン到来

区内の開催情報(7月)

7月20日~7月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第153回 シリーズ「麻生の歴史を探る」大山講 〜雨乞い〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    7月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク