麻生区版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

川崎F(フロンターレ) 逆転優勝へ明日決戦 ホーム等々力で大宮戦

スポーツ

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena
前節福岡戦でPKを決める大久保選手
前節福岡戦でPKを決める大久保選手

 川崎フロンターレは明日25日、J1リーグファーストステージ優勝をかけ、大宮アルディージャと等々力陸上競技場で対戦する。現在2位の川崎フロンターレは、首位鹿島アントラーズの結果により優勝が左右されるが、目の前の勝利を目指す。午後7時キックオフ。

 最終節(第17節)までもつれたファーストステージ優勝争いは、首位鹿島と2位川崎フロンターレの2チームにしぼられた。首位鹿島(勝点36)はホームでアビスパ福岡と対戦、勝てば鹿島の優勝が決まる。

 勝点1差で追う川崎フロンターレが優勝するには、引き分け以上が必要になる。鹿島が福岡に負けか引き分けた場合は、川崎フロンターレが大宮戦に勝利すると逆転優勝が決まる。川崎フロンターレが引き分けの場合は、鹿島が負けた上で総得点を上回らない限り、川崎フロンターレが優勝を手にする。

 川崎フロンターレはこれまでJ1で、僅かのところで優勝を逃してきた。優勝すれば、シルバーコレクターの汚名返上と共に、目標に掲げた年間チャンピオンに一歩近づく。

 ファーストステージでは初戦の広島戦に勝利し、第3節で首位に立つと、その後はキャプテンの中村憲剛選手、チーム得点王の大久保嘉人選手、GKチョン・ソンリョン選手、U―23日本代表選手らの活躍で2位以上をキープ。

 第11節の柏レイソル戦に勝利し首位に立つと、前節福岡戦まで首位を維持、残り2試合を勝てば自力で優勝できる状況だった。前節のアウェイ福岡戦で引き分けに終わり、首位を鹿島に奪われた。

 川崎フロンターレのチームスタッフは「シンプルに勝利を目指すだけ。多くのサポーターの前で練習通りの試合をやっていく」と自然体を強調する。

 長年、川崎フロンターレを応援する幸アシストクラブの深瀬武三副会長は「望んでいた形で最終戦を迎えられず、どうなるか心配。選手は硬くならずにいつもの試合をしてほしい」とエールを送った。

麻生区版のトップニュース最新6

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月16日号

「休み明け、悩める子に手を」

「休み明け、悩める子に手を」 教育

自死遺族団体 18日シンポ

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

防空壕からキクラゲ出荷

区内在住小山仁美さん

防空壕からキクラゲ出荷 文化

「戦争の記憶 知る機会に」

8月9日号

洪水対策、ドローン活用へ

川崎市

洪水対策、ドローン活用へ 社会

民間実験に河川提供

8月2日号

活動30年 主催演奏会に幕

三曲あさお

活動30年 主催演奏会に幕 文化

今後は次世代育成に注力

8月2日号

「夏のイチゴ」収穫に挑戦

区内の農業生産法人

「夏のイチゴ」収穫に挑戦 文化

年間需要見込み、今季から

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク