麻生区版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

福田市長 「若者の地域参加」を議論 車座で地元学生らと

社会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
福田市長と地元大学生らによる活発な意見交換が行われた
福田市長と地元大学生らによる活発な意見交換が行われた

 麻生区役所で16日、福田紀彦川崎市長が直接市民から意見を聞く「区民車座集会」が開かれた。麻生区で4回目を迎えた今回は、他区に先駆けて「若者の地域参加」をテーマに意見交換が行われた。

 車座には、区内の昭和音楽大学、田園調布学園大学、日本映画大学、和光大学の学生、区町会連合会のメンバー18人が参加。約20人が傍聴に訪れた。

 各大学の学生から事例発表が行われ、昭和音大の音楽療法コースの学生からは、区内百合丘の住宅「サンラフレ百合丘」の集会室などで子どもから高齢者までに向け行われている音楽療法のボランティア活動が紹介された。音楽を通して地域とつながる活動に、福田市長は「世代をつなぐものとして有効なので、ぜひ他の地区でもやっていただきたい」と話した。

 また、田園調布学園大からは子どもが社会の仕組みなどを学ぶイベント「ミニたまゆり」、日本映画大からはキャンパスのある白山のまちづくり協議会とのかかわり合い、和光大学からは黒川地区で行われた野外アートイベント「サトヤマアートサンポ」、鶴見川などの環境保全サークル「かわ道楽」と岡上地区の人々との交流などの活動が紹介された。

 区町会連合会のメンバーからは「すばらしい活動だと思ったが、初めて聞く取り組みもあった。周知が必要では」といった課題も出てきた。福田市長は「取り組みを継続して、違った活動も生まれてくるように、さらに広めてもらいたい」と語った。

麻生区版のローカルニュース最新6

弥生の麻生まっ白に

弥生の麻生まっ白に 社会

満開のサクラもブルブル

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

地元の宝守ろう

地元の宝守ろう 社会

 町内会 麻生川沿いで清掃

4月3日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク