麻生区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

麻生区役所 省エネ化へ 老朽化で民間技術活用

社会

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
現在の麻生区役所
現在の麻生区役所

 竣工から34年が経ち、設備の老朽化が懸念される麻生区役所が、民間事業者の技術で電気設備などを改修し、省エネルギー化と維持管理費の低減を図る「ESCO事業」を導入する。来年6月からの改修工事をめざし、現在、提案事業者の公募を行っている。

 川崎市が2014年に策定し、施設の最適な維持管理や活用、財政負担の縮減などを目指す方針を盛り込んだ「かわさき資産マネジメントカルテ」の取り組みの一環。老朽化が課題となっていた区役所の電気・空調設備にテコ入れを行う。

光熱水費などを削減

 「ESCO」は「Energy Service Company」の略称。公募で選定した民間事業者の省エネ技術を活用し、施設の長寿命化と環境負荷・高熱水費の低減を図る。事業者は設備の設計・施工、省エネルギー効果検証、運転管理に関わる助言や維持管理など包括的なサービスを行う。市が事業者へ支払う省エネルギーサービス料は、事業実施による高熱水費削減分から賄われるため、市の経済的負担は生じない。「ESCO事業」は、区内では2009年に導入された麻生市民館・図書館に続き2例目。市内の区役所では初の導入となる。

 麻生区役所の2012年から2014年度の平均光熱水費は年間2192万円だが、現在行っている公募の条件では光熱水費の削減予定額が年間380万円(税込)以上、一次エネルギー削減率年間25・5%以上、二酸化炭素削減率年間28・1%以上を掲げている。

 区役所は「一部の改修工事となるので、来庁者への影響を極力避け、工事は土日や連休を利用して行いたい」としている。

 公募のスケジュールは、参加意向申出書受付が8月2日まで、10月に提案書受付、11月に審査委員会を経て、来年5月に本契約を予定している。公募についての問い合わせは、川崎市財政局(【電話】044・200・2082)へ。

麻生区版のトップニュース最新6

初の単著で大臣新人賞

和光大学教授

初の単著で大臣新人賞 教育

越中おわら風の盆を描く

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

子年だけの観音開帳

星宿山王禅寺

子年だけの観音開帳 文化

12年に一度 4月1日から

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

親子向け行事ガイド完成

区民会議発市民団体

親子向け行事ガイド完成 教育

魅力知り「ふるさと」感じて

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク